その他(音楽)

CD関連事件簿

 我が家で発生したCD関連の事件。

 【その1】 CD白化

 Cd

 久しぶりに聴こうとしたCDが音飛びするので盤面を見てみたら真っ白に...。

 Solti_b_2

 大昔買ったショルティ&CSOのバルトークです。

 発売日を見ると1990年なので、20年以上前。当時はこれ1枚で3000円でした。

 しかし、わが家にあるCDが次から次へ真っ白になっていく光景を想像すると...ちょっとした恐怖ですtyphoon


 【その2】 CDのスポンジ

 最近はどうか分からないけれど、その昔発売されていたセット物のCDのケースの中に、正方形のスポンジのシートが入っている場合がある。

 そしてこのスポンジ、物によっては『溶ける』のだ。そして最悪CDに付着してしまうケースがある。

 ある日、その事実に気付き、所有CDの片端からスポンジを取り除く作業を行った。

 幸い盤面(音楽データ記録面)に付着しているものは無かったけれど、反対面(文字が印刷されている面)に付着しているものがいくつか見つかった。

 怖ろしや...typhoon

 050709

 上の写真は取り出したスポンジの一部。

 右のものは溶けてしまって欠落しています。中でもデッカ、フィリップスの古い輸入盤は危険度高し。お心当たりの方は要チェックです。


 【その3】 誤植

 私が所有している、ハイティンク指揮による、ショスタコーヴィチ作曲「交響曲第14番『死者の歌』」のCD。

 S_14

 古い国内盤ですが、背には下記の様に印刷されています。

 Sym104

 「104番」...ハイドンとでも勘違いしたんだろうか。

 オケはコンセルトヘボウ管弦楽団、独唱はJ・ヴァラディと、F・ディ-スカウ。1980年の録音。

 解説文(LPから流用?)には以下のような記述があり、時代を感じさせます。(pencil赤字は私が追記)

 「第14交響曲にはすでにバルシャイ盤、ロストロポーヴィチ盤、コンドラシン盤の3種のレコードがあるが(当時はこのくらいしか録音は無かったか...しかし、この3つがあればとりあえずは十分のような)、このハイティンク盤はショスタコーヴィチのイメージを刷新した『ショスタコーヴィチの証言』刊行後の最初の録音であり、しかも作曲者自身が点検、許可した第3版(原語版のこと)を用いた最初の録音である。」

 このCDの値段は、当時3,500円。今は同じ指揮者による『交響曲全集(15曲+α)』で、10,000円ちょっとといったところです。

 http://www.hmv.co.jp/product/detail/1376417


 【その4】 粗悪品

 Scan01052

 ムラヴィンスキー&レニングラード・フィルのウィーンでのライブ録音...と謳われていたので、つい買ってしまったCD。曲目はブラームス「交響曲第2番」とチャイコフスキー「交響曲第5番」。

 しかし、聴いてビックリ、とんでもない音質です。 

 ヘロヘロに伸び切ったカセットテープを再生しているような、もはやオーケストラの音にすら聞こえない。

 万が一、どこか(中古屋さんなど)で見かけても買わないことをお勧めします。

 また、こちらも要注意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京オペラシティの3階席

 Opera_city_seat_2

 昨日のコンサート、東京オペラシティ・コンサートホールの3階席(上の図の赤枠付近)で聴いたのだけれども、普通に座っていると、ステージの右半分(図の青枠部分)が死角になってしまい全く見えません。

 昨日(オーケストラ)だと指揮者の頭がようやく見える感じ(動きの大きい指揮者だったから助かったけど...)。

 開演前に「(他の人の視界を遮るので)身を乗り出して聴かないでください」というアナウンスがあるのだけれども、乗り出したくなる人の気持ちはよ~くわかります。

 しかし、ステージ(の一部)が見えない席があるというのは、コンサートホールの構造としてどうなんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペシェク指揮によるオーケストラ名曲集(DVD)

music DVD

 Pesek_dvd

 ▲ L・ペシェク指揮/チェコ・フィルハーモニック管弦楽団、スロヴェニア・フィルハーモニー管弦楽団

 【収録曲】
  スメタナ作曲/交響詩「モルダウ」
  スメタナ作曲/オペラ「売られた花嫁」から
  グリーグ作曲/「ペール・ギュント」組曲

 ペシェクは知る人ぞ知るチェコの名指揮者(一時期チェコ・フィルの常任指揮者も務めていた)。映像ソフトが多い指揮者ではないし、値段も安く、選曲もいいのでつい買ってしまったのだけれど...。

 ケースの写真から、コンサートを収録した映像だと勝手に思い込んでいたら(思い込んだ方も悪いけど)、これが大間違い。映像メインの「名曲アルバム」風ソフトであり、また、画質も音も悪い。

 そして、問題はその内容で...まずは「モルダウ」。

 Mol2

 なぜか宇宙空間に浮かぶ地球の映像から始まり、そこへ「ピコピコ」という宇宙船内的効果音がかぶさってくる。古い東宝SF映画のオープニングのようだ(その場合はここで伊福部昭の音楽がドドーンと始まる)。

 Mol3

 カメラが地球に寄っていくと、ヨーロッパ大陸が見えてくる。

 Mol5

 さらに寄ったところで、フルートの音と共に「モルダウ」の音楽が始まり、モルダウ川の映像となる。

 以後はこの交響詩が表わす情景(実写)と共に進行する。

 村人の婚礼と踊り、花婿花嫁は教会へ入り祈りを捧げ、川のほとりに立つと水の精が現れる。

 他の曲も含めて、わずかながらも演奏風景が収録されているのが救いだけれども、こんな凝った映像を作る予算があるのなら、演奏風景だけで十分だ。

 しかし冒頭のピコピコ音は完全に『蛇足』。これさえなければ、音楽だけでも楽しめたのに...。

 続く「売られた花嫁」の序曲と3つの舞曲は、もともと舞台作品なので、オペラの一場面として意外に普通に観れてしまう。

 最後の「ペール・ギュント」はバレエ仕立て。2つの組曲を曲順を入れ替えて演奏して、ストーリーを追っていく。

 「朝」ではフルートやオーボエ奏者がバレエの舞台上で立って楽器を吹くというシュールな演出もあり(「ペールの帰郷(嵐)」では金管が同じことをする)、一段と悪くなった画質・音質と共に相当に微妙な内容だ。

 とは言うものの、演奏はいずれも素晴らしく、わずかでもいいのでペシェクの指揮姿を観たいという方ならば是非(そんな人がいるかは不明)。

 何はともあれ、コンサート映像を期待される方は購入しないことをオススメします。

 下記も同一内容だと思われますので、購入の際は要注意。

 http://www.hmv.co.jp/product/detail/1215765

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古いスコア(年代物)

book

 部屋を整理していたら出てきたスコア。

 【その1】 ドビュッシー作曲/イベリア(「管弦楽のための映像」から)

 ビニール(?)の表紙、今ひとつ垢抜けない(美しくない)装丁。

 この曲、現在は国内版では出ていないようだけれども、権利の問題でもあるのだろうか。

 楽曲解説は作曲家の菅原明朗氏によるもので、これがとても面白く読める。

 そして、値段が安い(250円)。今と比べると、感覚的に5分の1くらいだろうか。

 で、そんな時代にLPレコードが2,500円していたのだから、レコードはそれだけ『高級品』だったのだ。

 Zennon2_2

 ちなみに、裏表紙のピアノ・オルガンの宣伝文句で、「豊かな情操(を育てる)」はともかく、「明るく正しい人柄」はさすがに飛躍し過ぎているような...。

 Zennon1_2


 【その2】 ショスタコーヴィチ作曲/交響曲第11番

 その昔、ヤマハ銀座店で購入。ポケット・サイズながらハードカバーの頑丈な作り。

 おそらくソビエト(当時)で出版されたもので、解説は全てロシア語(なので全く読めず)。今であれば、同じ曲のスコアが国内版で容易に入手できるけれど、当時は違いました。

 Shosta_11_2

 せっかく購入したものの、第4楽章で数ページが欠落していて、それをヤマハに伝えたら、「発注して、新しいものが来たら交換します」とのことだったけれど、結局そのまま、音沙汰無し。なので、ページは欠けたまま。

 ただ、当時の時代状況を考えれば、早々簡単に取り寄せられる代物でもなかったのでは、というのも想像できる。

 逆に、何でこんなスコアが店に並んでいたのか、不思議な感じもする。

 Shosta_11_2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謎のサイン色紙

 Img006_3

 自宅を整理していたら出てきた「サイン色紙」。入手経路は失念。

 おそらくはクラシック関係の演奏家のものと思われますが...誰のものかは不明。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムラヴィンスキーのウィーン・ライブ(粗悪品)

 Scan01052

 ムラヴィンスキー&レニングラード・フィルのウィーンでのライブ録音...と謳われていたCD。

 ブラームス「交響曲第2番」とチャイコフスキー「交響曲第5番」。

 しかし、聴いてビックリ、とんでもない音質です。 

 ヘロヘロに伸び切ったカセットテープを再生しているような、もはやオーケストラの音にすら聞こえない。

 万が一、どこか(中古屋さんなど)で見かけても買わないことをお勧めします。

 また、こちらも要注意

 いろんな物が出てくるものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

"HIROSHIMA" ヨーロッパ初演

note

 『あの』交響曲が、N・ヤルヴィ指揮のエストニア国立交響楽団によって演奏されるようです。

 Hiroshi_2

 "It's a tragic piece of music written by a Japanese composer, but in a very European style resembling the works of Gustav Mahler combining beauty, good orchestral knowledge and monumentality."(by N.Jarvi)

 もちろん例の騒ぎを知った上での演奏で、とにかく手広く曲を取り上げる父ヤルヴィですが、さすが、ちゃんと曲を聴いて調べてたんですね。スゴイ!

 経緯はともかく、それだけの『音楽』ではあるということでしょう。

 しかし、作曲者名に『?』が付いているのが...sweat02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心にしみる・・・

 某メルマガで送られてきたCDの案内です。

 う~ん、「心にしみる動揺」...sweat02

 Zoo

mail
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆世代の垣根を越えて、心にしみる動揺の調べ
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■【予約商品-11/5発売予定】
   ベートーヴェンにこっつんこ~シンフォニック童謡2~ 
   演奏:ズーラシアンフィルハーモニー管弦楽団【管弦楽:CD+DVD 2枚組】
 http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-3309/?scid=rm_198247
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市民オペラ(ラ・ボエーム)

 Opera_1

 以前所属していた吹奏楽団で市民オペラに参加したときの記念撮影(セットは第2幕)。

 演目は「ラ・ボエーム」(プッチーニ作曲)。その第2幕のバンダ(兵隊さん役)で出演しました。

 Opera_2

 これはバンダ・メンバーでの記念撮影。

 2時間のオペラの中で、出演時間はわずか数分。

 第2幕の最後、行進曲を演奏しながらステージ上を行進するのですけれど、『歩きながら吹く』という経験が無く、しかも、舞台上の階段がすごく狭い階段で、足を踏み外しそうで、とても怖かったです。

 ちなみに、ヒロインのミミを歌ったのは緑川まりさんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オケ演奏会(高校時代)

 Fuji_1_2

 Fuji_2_2

 私が高校生の時の「管弦楽部」の定期演奏会の様子。

 当時は外部のホールを借りることはなく、自校の体育館で、「文化祭」の一つのイベントとして行なっていました。

 客席などを見ると、思いっ切り「昭和」を感じます。

 ちなみに、指揮をされているA・Tさんは、現在でもアマチュア・オーケストラの指導などに活躍されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)