その他の作曲家

R・シュトラウス ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら(チェリビダッケ)

music DVD

 ■ R・シュトラウス作曲/交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」

 Img128

 ▲ S・チェリビダッケ指揮/シュトゥットガルト放送交響楽団

 リハーサルと本番の演奏(1965年)が収録されているけれども、とにかく、リハーサルが断然面白い。

 まずはエピローグ、冒頭の「昔々...」の音楽が戻ってくる部分から始まるが、ボウイングの指示もしつつ、しつこいくらいに何度も繰り返す。

 さらに、演奏を止めた時だけではなく、演奏中もひっきりなしに大声で注意を与える。この部分がお休みの木管楽器は「まだやるのかよ・・・」といった表情で、集中力が切れたのか、自分の出番で入れなくなってしまう。

 まだ若い(当時52歳)チェリはとにかくエネルギッシュでハイ・テンション。腕をブンブン振り回し、身体と顔の表情を目一杯使って音楽を伝える。トゥッティの部分で「ホルン!音が低い!!」と怒鳴りつけ、何度も同じ場所で演奏を止める。

 スコアは見ずにリハーサル番号を団員に確認しながら進める(これは歳をとってからも同じ)。オケのメンバーは気が抜けず、相当に疲れるのではないかと思うけれども、意外に和気藹々とした雰囲気もあったりする。

 本番演奏も素晴らしいけれど、リハーサルで求めていたものが100%出し切れているとは言えないようにも感じられ、彼がレコーディングを嫌った理由も分かる気がする。

 要は、彼が求めている音楽をレコードという形して固定することは殆ど不可能であるということだろうし、それを良しとはできなかったのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スッペ 「詩人と農夫」序曲

music CD

 ■ F・スッペ作曲/喜歌劇「詩人と農夫」序曲

 その昔は吹奏楽でよく演奏されていた曲。

 ただ、オリジナルの調性が、前半が「ニ長調」、後半が「変ロ長調」という吹奏楽的には微妙なもので、私が昔演奏した版では前半のみ移調していたような記憶が...。

 ちなみに高橋徹編曲版は原調通りです。

 cd

 Suppe_m

 ▲ Z・メータ指揮/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

 1989年録音。

 金管楽器のファンファーレから、気品のある美しいチェロのソロ(吹奏楽ではアルト・サックス)。

 ここが『詩人』で、元気のよい後半が『農夫』だろうか。

 その後半の途中に8分の3拍子になるけれど、ここは、やっぱり「ワルツ」として演奏してほしい。

 ということで、この曲はオケの魅力でこのメータ盤。ワルツはもちろん、冒頭の金管を受けての弦楽器の寂しげな表情もいい。


 Img440

 ▲ N・ヤルヴィ指揮/ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団 new

 2012年録音。

 劇場的な雰囲気は薄いけれども、決して力任せにならない、いい感じに力の抜けた演奏。前半部などは意外に繊細さもあり、中でもチェロの独奏は素晴らしい。

 スッペの序曲だけではなくマーチなども収録したアルバム。選曲的にも魅力。


 Suppe_d

 ▲ C・デュトワ指揮/モントリオール交響楽団

 1985年録音。

 レガートで奏される冒頭のファンファーレ、それを受ける弦楽器の何と繊細なことか。そして、気品のある素晴らしいチェロのソロ。

 後半部は金管や打楽器のバランスは抑えられて、とてもソフトな感触。ポルタメントがかけられたワルツ(8分の3拍子)もとても優雅だ。

 ドイツ系オケのガッシリとした演奏とは全くの別物。オッフェンバックでも聴いているような感覚になる演奏。


 Suppe_k

 ▲ H・V・カラヤン指揮/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

 1970年録音。

 冒頭のファンファーレからして、どこか芝居がかった感じがする。チェロのソロも思いっ切り表情が付けられ、後半部ではやっぱりワルツの部分。

 カップリングの「軽騎兵」同様、何とも大袈裟でカラヤン臭が強い演奏だけれども、そう割り切ってしまえば結構楽しめる。

 ロッシーニとスッペの序曲集。

 スッペは「軽騎兵」、「詩人と農夫」、「ウイーンの朝昼晩」の3曲。本当はもっと録音してたはずだけれども、ロッシーニと組み合わせのためにカットされたのか...。


 【吹奏楽版】

 Garde

 ▲ フランソワ・ジュリアン・ブラン指揮/ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団

 1967年録音。リシャール編曲の吹奏楽版。

 私が若いころ、「詩人と農夫」と言えばギャルドであって、決してオーケストラの演奏ではなかった。

 まず、冒頭の金管のファンファーレのサウンドからして痺れるけれども、その後のアルト・サックスのソロ。これはビゼーか、フランス音楽か!?

 元々、サキソフォンのために書かれた譜面の様にさえ思えてしまう。もうチェロでなくても、これでいいではないか。

 後半部、テンポを速めてからの木管楽器の存在感、バランスは、やっぱりギャルドだ。

 「ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団の芸術・第4巻」に収録。

 収録曲は下記の通り。

  トッカータとフーガニ短調(J・S・バッハ)
  ハンガリー狂詩曲第2番(リスト)
  「泥棒かささぎ」序曲(ロッシーニ)
  「詩人と農夫」序曲(スッペ)
  ファランドール(ビゼー)*
  牧神の午後への前奏曲(ドビュッシー)*
  ディオニソスの祭り(シュミット)*
  マレンゴの総督親衛隊行進曲(不詳)
  羽のついた帽子の行進曲(不詳)

 指揮はすべてブラン。「*」の3曲は1961年東京(杉並公会堂)での録音。それ以外は1967年、パリでの録音。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シューマン ヴァイオリン協奏曲(I・ファウストの映像)

music DVD

 ■ R・シューマン作曲/ヴァイオリン協奏曲

 1853年、作曲者の晩年に作曲されたものの、遺族によって演奏を禁じられていたという曲。

 発掘されて初演されたのは、作曲から80年以上経った1937年。

 3連音符の刻みの上に提示される第1楽章の第1主題は切迫感がある。

 第2楽章では、シューマンがライン川に身投げをしたときに作曲していたピアノ曲のメロディ(いわゆる「天使の主題」)に似たモチーフが使われる。

 第3楽章はポロネーズのリズムを持つ4分の3拍子。

 この楽章のシューマンのテンポ指定は「四分音符=66」で非常に遅い。演奏者によっては速めのテンポを取る場合もあるけれども、指定通りの場合とで演奏時間はかなり異なる。

 その第3楽章は(第1楽章も)ドラマチックな展開も、大きく高揚することなく、アッサリと終ってしまう。バッハやヴィヴァルディのバロック時代の協奏曲のようでもあるけれど、同じところをずっとぐるぐると徘徊しているような閉塞感も感じてしまう。

 Img414

 エンディング(↑)も風変わりで、オーケストラが和音を引き延ばしているのに、独奏は8分音符で短く終わってしまう。ここも、オーケストラと一緒に音を伸ばしている演奏もある。

 実際に演奏すると難しいのかもしれないけれど、独奏が華やかなテクニックを披露するところもカデンツァもない『地味な』作品。でも、聴くにつれて魅力を感じる曲でもある。


 cd

 Img413

 ▲ イザベル・ファウスト(ヴァイオリン)/P・ヘラス・カサド指揮/フライブルグ・バロック管弦楽団

 2014年、ベルリンでのライブ録画。

 ベートーヴェンやブラームスなどとは全く比べることもできないけれども、最近は録音の数も増えてきているようで、そして、このファウスト盤には『ボーナス』として映像も収録されている。

 指揮のヘラス=カサドはスペインの若手指揮者。ピリオド楽器によるオーケストラを率いて力強い演奏を聴かせてくれます。

 テンポはスコアの指定に近く、速めのテンポを取っているJ・ベル盤と比べると、演奏時間は以下の通り。第3楽章は2分半近く短い。

 【演奏時間】
  ファウスト 15:11/5:23/11:38
  ベル 13:29/5:55/8:14


 Img412

 ▲ ジョシア・ベル(ヴァイオリン)/ドホナーニ指揮/クリーヴランド管弦楽団

 1994年録音。第3楽章は速目のテンポ。終結部はオーケストラと一緒に音を伸ばしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴァイル ベルリン・レクイエム(ヘレヴェッヘ)

music CD

 ■K・ヴァイル作曲/ベルリン・レクイエム

 Img379

 ▲ ヘレヴェッヘ指揮/アンサンブル・ミュジック・オブリク

 1992年録音。

 ローザ・ルクセンブルク(政治活動家でドイツ軍に逮捕され殺害された)の追悼のために書かれた、6曲から成る作品(ただし、第6曲は第1曲が一部カットされて繰り返される)。歌詞はブレヒト。

  1.感謝の大讃美歌
  2.水死した娘のバラード
  3.墓碑銘
  4.凱旋門の下の無名戦士についての第1の報告
  5.凱旋門の下の無名戦士についての第2の報告
  6.感謝の大讃美歌(1曲目の繰り返し)

 コーラスは男声のみで、オーケストラの編成は以下の通り。弦楽器は含まれません。

  クラリネット 2
  サキソフォン 2
  ファゴット 2
  ホルン 2
  トランペット 2
  トロンボーン 2
  チューバ(または、トロンボーン)
  ティンパニ
  ギター
  バンジョー
  シンバル
  小太鼓
  オルガン(または、ハーモニウム)

 弦楽器の入らないスリムでドライな響きのオーケストラは、いかにも『尖がって』いて、決して迎合することが無い反体制的なサウンドだ。

 聴き所は、この曲のテーマでもある第2曲、単純なギター伴奏の上に囁くように歌われる「水死した娘のバラード」。

 それに続く、ポピュラー音楽のテイストを持った「墓碑銘」は、歌詞が検閲に引っかかることを懸念して抽象的な内容に差し替えられたという。

 5曲目のオルガンの伴奏の上に歌われる「レシタチーヴォ」はバッハのパロディか。

 いやはや...ヴァイルはやっぱり面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リスト ピアノ協奏曲第1番(バレンボイムの映像)

music BD

 ■ F・リスト作曲/ピアノ協奏曲第1番

 Img394

 ▲ P・ブーレーズ指揮/ベルリン・シュターツカペレ/D・バレンボイム(ピアノ)

 2011年ライブ録画。

 この時ブーレーズは86歳。同じオーケストラを2005年に指揮したマーラー「復活」のライブ映像と比べると、見た目、ずいぶんとお歳を召されたなという印象。

 ブーレーズが自ら進んでこの曲を振ろうということは無いと思うので、バレンボイムに誘われての『友情出演』といったところだろうか。

 例によって淡々と振っていて、心なしかテンションが低めなのは、曲のせいか、それとも...。

 正直、ショパンで共演していたネルソンスのような指揮者の方がこの曲には合っていると思う。

 第3部で活躍するトライアングル奏者をステージの前方、指揮者の横に座らせているのはどちらのアイデアだろうか。

 ちなみにバレンボイムも70歳手前。正直、重苦しい感じがするし、所々荒っぽくも感じる。

 しかしながら、指揮者(ブーレーズ)がいるにもかかわらず、ピアノを弾きながらしきりにオーケストラに目配せしたりするような仕草は何とも...「俺が主役だ」とアピールしたいのなら、若手の指揮者を呼んでくればいいのに。ショパンで共演したネルソンスとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴェルディ レクイエム(マゼール&トスカニーニ響)

music BD

 ■ G・ヴェルディ作曲/レクイエム

 Img271

 ▲ L・マゼール指揮/トスカニーニ交響楽団

 2007年。イタリア、サン・マルコ寺院でのライブ録画。トスカニーニの没後50周年を記念したコンサート。

 トスカニーニ交響楽団はアルトゥーロ・トスカニーニ・フィルハーモニー管弦楽団の別称で、2002年にイタリアで設立され、マゼールが初代音楽監督(現在は?)。

 Img273

 会場の残響が多いので音がクリアでなく、アンサンブルもはっきりしないところもあって、『音』だけ聴くのには適していないかもしれない。

 けれども、こういった場所(教会)で演奏されることにより、コンサート用の音楽ではなくて、「宗教音楽」としての味わいが前面に出てくるし、全曲暗譜のマゼールの指揮姿と共に『映像ソフト』として見応えがある。

 また、その残響の多さも『雰囲気』としてプラスに作用しているように感じる。

 「怒りの日」でのバス・ドラム(大太鼓)のワイルドな叩きっぷりも(視覚的に)気持ちがいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

R・シュトラウス 英雄の生涯(ケンペの映像)

music DVD

 ■ R・シュトラウス作曲/交響詩「英雄の生涯」

 Img336

 ▲ R・ケンペ指揮/ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団

 1974年8月28日、ロンドンでのライブ録画。オーケストラのメンバーのヘア・スタイルが時代を感じる...。

 自分にとっては、R・シュトラウスはケンペ&ドレスデンのEMI盤が一番。

 地味というイメージもあったけれども、この映像を観るととんでもない。そんな印象は吹き飛んでしまう。

 音楽を全て自分のものにしているかのように、的確に、力強くオーケストラを引っ張っていく。そして熱い!カッコイイ!!

 余計なパフォーマンスは無い、ひたすら音楽に向き合う姿は、最後まで一気に観てしまい、演奏が終わった後は、テレビ画面に向かって拍手をしてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイドン 交響曲第102番(ワルター)

music CD

 ■ J・ハイドン作曲/交響曲第102番

 Img223

 ▲ B・ワルター指揮/ニューヨーク・フィルハーモニック

 1953年録音。モノラル。

 何気に聴き始めたのだけれども、これがとてもいい。

 第1楽章序章のリリカルで瑞々しい響き、主部へ入ってからも音楽が全くもたれない。

 豊かな第2楽章はワルターの得意とするところだろうし、第3楽章も力強い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シューベルト 交響曲第7番「未完成」(ムラヴィンスキーのウィーン・ライブ)

music CD

 ■ F・シューベルト作曲/交響曲第7番「未完成」

 Mra_s_8

 ▲ E・ムラヴィンスキー指揮/レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団

 1978年6月、ウィーンでのライブ録音。

 よくありがちな、甘くロマンチックな雰囲気とは真逆の「未完成」。

 第1楽章冒頭、低弦とそれに続く弦楽器の刻みの最弱音からひたすら暗く、それは終結部の全く救いようのない絶望的なエンディングでとどめを刺す。ため息だけが聞こえてくるようだ。

 弱音だけを強調するのではなく、提示部最後の弦楽器などは「p」指定にもかかわらず、大きめの音で豊かに旋律を歌わせている。

 第2楽章の途中で何度か現れる全奏(トゥッティ)の部分も印象的で、ひたすら悲しみに暮れる、どこか諦めのようなものを感じる。

 好き嫌いはともかく、他者が真似しようと思っても決して出来ない、このコンビでしか成し得ない演奏であるのは間違いない。

 カップリングはショスタコーヴィチの「交響曲第5番」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コルンゴルト ヴァイオリン協奏曲

music CD

 ■ E・W・コルンゴルト作曲/ヴァイオリン協奏曲

 自作の複数の映画音楽をベースとした曲。

 何の導入も無く、Dのハーモニーの上に独奏ヴァイオリンが「A-D-A-D-G#」と上昇する冒頭部分は印象的だ。

 Korngold_2

 映画音楽によっているだけに、非常に分かりやすい、ロマンチックかつ甘美な音楽で、具体的にはJ・ウィリアムズの音楽が頭に浮かぶ人もいると思う。

 ちなみに、この曲が作曲されたのが1945年で、「スター・ウォーズ」の第1作は1977年。要はこちらの方がはるかに古く、J・ウィリアムズは明らかにコルンゴルトの影響を受けていると感じる。

 cd

 Img338

 ▲ A・ムター(ヴァイオリン)/A・プレヴィン指揮/ロンドン交響楽団

 2003年録音。

 夫婦(当時)共演。冊子にはムターの写真だけでなく、録音風景などでの幸せそうなツー・ショット写真も掲載されている。

 演奏は完全にムターのカラーが前面に出たもので、自由奔放にふるまう妻と、それに手こずりながらも優しくサポートする年上の夫。

 特に第1楽章は艶っぽく、また妖しいオーラをふりまいていて、こんな感じで来られたらプレヴィンでなくとも...。

 ただ、普通に曲を聴くなら同じプレヴィンの指揮でも、G・シャハム盤(↓)の方がオススメ。


 Img339

 ▲ G・シャハム(ヴァイオリン)/A・プレヴィン指揮/ロンドン交響楽団

 1993年録音。


 【映像】

 Img340

 ▲ H・ハーン(ヴァイオリン)/K・ナガノ指揮/ベルリン・ドイツ交響楽団

 2004年。ベルリンでのライブ録画。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧