チャイコフスキー

チャイコフスキー フランチェスカ・ダ・リミニ(ムラヴィンスキー)

music CD&DVD

 ■ チャイコフスキー作曲/幻想曲「フランチェスカ・ダ・リミニ」

 Mra_2_2

 ▲ E・ムラヴィンスキー指揮/レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団

 1972年1月27日のライブ録音。

 「f」と「ff」の違いを極端に強調したり、「4分音符+8分音符」のリズムパターンを大きく引き伸ばしたり、スコアには無いニュアンス(強弱)を付けたり...

 耳を引くところは山ほどあるけれど、その場の単発のアイデア(思い付き)ということではなく、曲の開始から最後まで計算され、特に中間部(第2部)は、一本ピンと張り詰めたものが緩むことは無い。

 後半、管楽器のソロの連続から高揚する気配を見せ、一旦最弱音へ落とし(ここはゾクゾクする)、そこから一気にクライマックスへ持っていく。

 コーダの追い込みも熱くなっているようであるけれど、一瞬音量を落としてからクレッシェンド。そして、和音の連続からのエンディングは強烈至極。


 Mra_1

 ▲ E・ムラヴィンスキー指揮/レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団

 1983年3月19日のライブ録音盤。

 基本路線は同じだけれども、1972年盤の方がより意図が徹底されているように感じる。

 Mra_dvd

 こちらは同じ演奏(1983年ライブ)の映像ソフト。(一応)カラーだけれども、音は悪い。

 客席はビッシリと満員、立ち見もいるような状態。演奏後、観客が指揮者に花やプレゼントを渡す光景も見られます。

 映像は最初から最後まで指揮者の姿を映しているので、ファンは必見。エンディングはやはり強烈。

 指揮棒を持たず、動きは大きくはないけれども、相手に有無を言わせない迫力、眼力、オーラがある。

 Mra_v

 終始厳しい表情。でも、演奏に満足したのか、時々表情が緩むことがある。

 第2部最初のクラリネットのソロは、スヴェトラーノフと同様、指揮をせずに聴いています(さすがに腕組みはしていない)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャイコフスキー フランチェスカ・ダ・リミニ(ストコフスキー)

music CD

 ■ P・チャイコフスキー作曲/幻想曲「フランチェスカ・ダ・リミニ」

 Stoko_t

 ▲ L・ストコフスキー指揮/ロンドン交響楽団

 1974年録音。

 知名度や演奏頻度では「ロメオとジュリエット」の方が断然上なのだけれども、なぜか「フランチェスカ…」には面白い演奏が多い。

 このストコフスキーもその一つ。

 前半部分は、若々しい推進力があるけれど、やはり本領発揮は中間部。

 そして、エンディング...ここで『大芝居』が打たれるのだけれど、冒頭から銅鑼(タムタム)の音を強調しているように感じたのは、ここへの伏線だったのか。

 好みとしては色々あるだろうけれども、ストコフスキーであれば十分想定内。やってくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャイコフスキー フランチェスカ・ダ・リミニ(オフチニコフ)

music CD

 ■ P・チャイコフスキー作曲/幻想曲「フランチェスカ・ダ・リミニ」

 Ovchi

 ▲ V・オフチニコフ指揮/モスクワ放送交響楽団

 知る人ぞ知る、まさしく『爆演』。

 とにかく、オケの鳴りが半端ではない。それにプラスして、アレグロでのたたみ掛けるようなテンポ。

 思考は完全に停止し、何も考える余地はなく、ただ圧倒されるのみ。

 冒頭部分や中間部では遅めのテンポで濃厚な雰囲気を出す。

 ロシア系の指揮者による名演は多いけれども、この演奏は絶対に外せない。聴くべし!

 私が所有しているCDはこれ(メロディヤ盤)。フェドセーエフ指揮の「第5交響曲」の余白に入っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャイコフスキー 交響曲第2番「小ロシア」(スヴェトラーノフの映像)

music DVD

 ■チャイコフスキー:交響曲第2番「小ロシア」

 Img452

 ▲ E・スヴェトラーノフ指揮/ソビエト国立交響楽団

 1985年の録画。

 「マンフレッド…」を含む交響曲全集(5枚組)の中の1曲。(多分)客の入っていないスタジオでの収録。

 楽器や奏者のクローズアップなど、確かに映像的には微妙なセンスもあるのだけれど、演奏風景を収録した映像ソフトとしては、私としては十分許容範囲内...と言うか、最初はもっと『とんでもない』ものを予想していたので(それ故、最初は買うのをためらった)、意外にまともなのでビックリしてます。

 演奏そのものは、この曲としては最良のもの。第2楽章のゆったりとしたテンポもいいし、フツーの指揮者だとあまり面白みを感じない第1、4楽章の第2主題も非常に魅力的に聴こえる。

 スヴェトラーノフの指揮も冴えまくり、部分的には髪の毛を振り乱してオケをドライブしたり、また曲の終わりでのポーズも見事に決まる。

 音はモノラルでCDのような刺激はないけれど、その分一般には聴き易くなっているかも。

 当時のソビエト最強コンビの演奏。観(聴き)応えあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャイコフスキー 「くるみ割り人形」組曲から(クレズマー楽団)

music CD

 ■ チャイコフスキー作曲/組曲「くるみ割り人形」から

 Img406

 ▲ シリム・クレズマー楽団(⇒楽団のサイト

 チャイコフスキーの「くるみ割り人形」組曲からの何曲かを、クレズマー音楽(東欧系ユダヤ人の音楽)風にアレンジして演奏した録音。

 楽器編成などは以下をご覧ください。メロディは主にクラリネットが担当しています。

 Img407

 収録曲は以下の通り。

  トレパーク
  金平糖の精の踊り
  行進曲
  アラビアの踊り
  中国の踊り
  葦笛の踊り
  花のワルツ

 ...で、チャイコフスキーのメロディは使用していても、完全にクレズマー音楽のスタイルにアレンジされていて、例えば、それが長調の旋律であっても、もの哀しいユダヤ風のメロディに変貌している。もちろん、原曲を知っている人が聴いてこそ面白いと思えるものだ。

 チャイコフスキーの側に立ってみれば『悪ふざけ』とも取られるかもしれないけれど、彼らはごく真面目に(?)クレズマー音楽を演奏しているのであって、決してチャイコフスキーの音楽を蔑ろにしているわけではない。

 「くるみ割り人形」以外にもクラシック曲をベースにした曲が収録されていて、中でもマーラー作曲の交響曲第1番「巨人」の第3楽章のモチーフを使用した「グスタフの婚礼(Gustav's Wedding)」は、マーラーの音楽のエッセンスを感じさせてくれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャイコフスキー バレエ音楽「くるみ割り人形」(ラトル)

music CD

 ■ P・チャイコフスキー作曲/バレエ音楽「くるみ割り人形」(全曲)

 Img423

 ▲ S・ラトル指揮/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

 2009年録音。第1幕はセッション録音、第2幕はライブ録音。

 インタビューからも伺えるように、ラトルが興味を持っているのは、あくまでこの曲のスコアであって、その向こう側ではないのではなかろうか。そこらへんが、ロシア系の指揮者とは違うところで、例えば、ラトルが今後「白鳥の湖」を録音するとはちょっと想像がつかない。

 インタビューでは「ペトルーシュカ」を引き合いに出していて、要はそちら側からのアプローチ。ラトル流の音楽と、ベルリン・フィルの演奏(テクニック)を楽しむCDと思う。

 「雪片のワルツ」の合唱は「リベラ(LIBERA)」というグループが担当。ただし、オーケストラとは別録音で編集時に合成されたもの。

 この選択がレコード会社の意向か、指揮者の意向かは分からないけれども、透明感はあるけれど、妙に人間臭さの無い、シンセサイザーの演奏のようにも聞こえる。でも、この演奏には相応しいかもしれない。

 何はともあれ、この曲は他に選択肢は沢山あるのだから、こうやって独自路線を打ち出してくれた方が嬉しい。

 【特典DVD】

 国内盤には特典DVDが付いていて、ラトルへのインタビュー(20分、日本語字幕付き)と、コンサートのライブ映像(30分)が収録されています。

 演奏の方は2009年のジルヴェスター・コンサートから。

 第2幕のディヴェルスマン、花のワルツ、パ・ド・ドゥ(冊子には記載されていないけれども「アダージオ」も収録)、終幕のワルツとアポテオーズ。一部の曲のカットはあるものの、(第2幕の)有名曲は全て網羅していて、とても充実した内容。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャイコフスキー 後期交響曲集(ゲルギエフの映像)

music BD

 ■ チャイコフスキー作曲/後期交響曲集

 Img396

 ▲ V・ゲルギエフ指揮/マリインスキー管弦楽団

 2010年、パリでのライブ録画。交響曲第4~6番の3曲を収録。

 第4番のみ譜面台にスコアを置いて、指揮棒を使って指揮している。また、第5番で時々(?)譜面台上にスコアが現れるのはゲネ・プロ時の映像を挿入しているのか。

 演奏中、奏者や楽器、あるいは指揮者のアップが目まぐるしく切り替わって映し出され、ステージ全体の映像はごくわずか。

 ただ、カラヤンのように別撮り映像ではないので、ライブとしての違和感は少ないし、奏者の表情などが観られるのも面白いけれど、ゆっくりと落ち着いてコンサート映像を楽しみたい人には不向きだろうか。

 しかし、その映像以前に、演奏そのものはゲルギエフ臭の極めて強い濃厚なもので、また「悲愴」での感情移入ぶりも半端ではない。

 氏の顔(これも濃い)のアップも多く、ゲルギエフのファン以外はちょっとキツイかも...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャイコフスキー 交響曲第1番(M・T・トーマス)

music CD

 ■ チャイコフスキー作曲/交響曲第1番「冬の日の幻想」

 Img391

 ▲ マイケル・ティルソン・トーマス指揮/ボストン交響楽団

 1970年録音。M・T・トーマス、若かりし日(まだ20代)の録音。現在活躍中の指揮者だけれども、当時からその才能は発揮されていた。

 第4楽章途中のヴィオラから始まるフーガ風の部分でガクッと大きくテンポを落とす。そこから再現部へ向けて徐々にテンポを戻していく。

 こういった『細工』をするのは今も変わらないけれど、後期の交響曲ならともかく、これくらいであれば『演出』として十分許容範囲内。むしろ、曲の冗長さを救ってくれている。

 それ以外については若々しくストレートな音楽作り。第2楽章も湿っぽくならないし、終楽章コーダの加速もいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャイコフスキー 交響曲第6番「悲愴」(フェドセーエフの映像)

music DVD

 ■ P・チャイコフスキー作曲/交響曲第6番「悲愴」

 Fedo_t6

 ▲ V・フェドセーエフ指揮/モスクワ放送交響楽団

 2009年、ウィーンでのライブ録画。会場は満員。

 お得意とする曲だけあって、完全にフェドセーエフ流の激しく感情移入した音楽。

 第1楽章の展開部以後や第4楽章だけでなく、第2楽章の中間部も大きな昂りを見せる。

 演奏後、指揮者が手を下しても、これまでの緊張感のためか、しばらくは拍手が起きない。

 アンコールとしてスヴィリードフ作曲の「吹雪」から「ワルツのエコー」が演奏され、この「悲愴」の後にアンコール?...とも思えるけれど、この静かなワルツがエピローグのようにこれまでの緊張感を見事にクールダウンしてくれるのだ。

 カップリングはベートーヴェン作曲「交響曲第4番」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャイコフスキー ピアノ協奏曲第2番(プレトニョフの映像)

music DVD

 ■ チャイコフスキー作曲/ピアノ協奏曲第2番

 Img375

 ▲ V・フェドセーエフ指揮/モスクワ放送交響楽団/M・プレトニョフ(ピアノ)

 1991年、フランクフルトでのライブ録画。

 Tchaiko_2

 もともと録音の数が少ないこの曲。このコンビであれば万全。プレトニョフは若々しく、フェドセーエフも力強くエネルギッシュ。

 その昔不思議に思っていたのが、「チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲には番号が付いていないのに、なぜピアノ協奏曲は『第1番』なのか...」。

 当時は「第2番」(以後)があるなんて全く知らず、チャイコフスキーのピアノ協奏曲は有名なあの曲だけだと思っていたのだ。

 で、この第2番...第1楽章は序奏無しにオーケストラによる快活なテーマで始まり、ロシア風な雰囲気も若干漂わせ、再現部の前には長いカデンツァがある。長調なので、第1番とは随分と趣きが違う。

 第2楽章はヴァイオリンとチェロの独奏が加わって長い導入を演奏。この映像ではチェロの首席奏者(シモン氏)が第1楽章終了後に楽器を持って席を移動し、コンサートマスター氏の隣で演奏し、楽章が終わるとまた元の席に戻って行く(その時、会場からは拍手も)。

 第3楽章は舞曲風の軽快な音楽。

 有名な第1番はホルンの斉奏に始まる序奏部分の印象があまりに強く(正直、主部へ入ってからはそれほどでもない)、第3楽章も2つの主題のコントラストがあり、最後もドラマチックに盛り上がる。

 で、「どちらを取るか?」と言われれば「第1番」なのだけれども、ここまで演奏頻度・知名度の差が開いてしまっているのもかわいそうな感じもする。もし第1番が無ければ、この第2番はもっと頻繁に演奏されたのではなかろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧