« 都響 C定期(大野和士のロシア音楽) | トップページ | サン=サーンス フランス軍隊行進曲 »

マーラー 交響曲第3番(ケーゲルのライブ録音)

music CD

 ■ G・マーラー作曲/交響曲第3番

 Img562

 ▲ H・ケーゲル指揮/ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団

 1984年のライブ録音(拍手付き)。とにかく終楽章(第6楽章)が最高の聴きもの。

 これまでの5つの楽章を受けての『帰着点』のような楽章、弱音から始まる冒頭から沈んだ雰囲気が続き、何かのきっかけが見えそうになっても、すぐに不安な音楽で打ち消されてしまう。

 しかし、フルートとピッコロのソロを受けての金管楽器のコラールで初めて光が射し、そこから音楽は素晴らしく高揚し、そして一段落した後の絶妙の静寂があってから、大団円へと向かってゆく。

 演奏後、しばらく間(ま)があってから拍手が起きるのも嬉しい。

 ライブだしオケ(特に金管)も決して『上手』とは言えないかもしれないけれども、それをはるかに超えた感動がここにある。

|

« 都響 C定期(大野和士のロシア音楽) | トップページ | サン=サーンス フランス軍隊行進曲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/66622296

この記事へのトラックバック一覧です: マーラー 交響曲第3番(ケーゲルのライブ録音):

« 都響 C定期(大野和士のロシア音楽) | トップページ | サン=サーンス フランス軍隊行進曲 »