« ベートーヴェン 交響曲第2番(ケーゲルのライブ録音) | トップページ | 【雑記】 CDの中のスポンジ »

ヒンデミット 管弦楽作品集(アルベルト)

music CD

 ■ ヒンデミット作曲/管弦楽作品集

 Img543

 ▲ ヴェルナー・アンドレアス・アルベルト指揮

 1987~1992年録音。指揮のアルベルトは1935年生まれのドイツの指揮者。

 3つのオーストラリアのオケを振っての管弦楽作品集(6枚組)。収録曲とオーケストラは以下の通り。

 (CD1) A
  エロスとプシュケ
  「気高い幻想」組曲
  フィルハーモニー協奏曲
  ウェーバーの主題による交響的変容
 (CD2) A
  おどけたシンフォニエッタ
  ラグタイム
  交響的舞曲
 (CD3) B
  ヌシュ・ヌシ舞曲
  弦楽と金管のための演奏会用音楽
  交響曲「世界の調和」
 (CD4) B
  「今日のニュース」序曲
  吹奏楽のための交響曲変ロ長調
  交響曲変ホ長調
 (CD5) C
  「戸口に咲き残りのライラックが咲いた頃」前奏曲
  交響曲「画家マチス」
  シンフォニア・セレナ
 (CD6) B
  管弦楽のための協奏曲
  シンフォニエッタホ長調
  ピッツバーグ交響曲
  古いスイスの歌による行進曲

   A:クイーンズランド交響楽団
   B:メルボルン交響楽団
   C:シドニー交響楽団

 ヒンデミットの主要オーケストラ作品が網羅されていて、他に録音が少ない曲も多く含まれているのが嬉しい。

 サウンドは明るめだけれども、意外に(失礼)手堅い演奏を聴かせてくれる。

 もちろん有名曲(「画家マチス」や「…交響的変容」など)については、他にもいろいろと素晴らしい録音もあるけれども、まず曲を知るということであれば何の問題もない。

 ヒンデミット作品は、最初は確かにとっつきにくいかもしれないけれど、情緒に流れることのないハードでクールな音楽は聴けば聴くほどカッコよく魅力的であるし、飽きることがない。

|

« ベートーヴェン 交響曲第2番(ケーゲルのライブ録音) | トップページ | 【雑記】 CDの中のスポンジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/66346011

この記事へのトラックバック一覧です: ヒンデミット 管弦楽作品集(アルベルト):

« ベートーヴェン 交響曲第2番(ケーゲルのライブ録音) | トップページ | 【雑記】 CDの中のスポンジ »