« 都響 プロムナード(準・メルクル) | トップページ | ストラヴィンスキー バレエ音楽「火の鳥」(アンセルメ&NPO) »

メンデルスゾーン 弦楽八重奏曲(アカデミー室内アンサンブル)

music CD

 ■ メンデルスゾーン作曲/弦楽八重奏曲

 Img539

 ▲ アカデミー室内アンサンブル

 編成はヴァイオリン4、ヴィオラ2、チェロ2。

 第3楽章「スケルツォ」は後の「真夏の夜の夢」を思わせるし、第2楽章の下降する音型が絡み合う音楽は美しい限り。

 終楽章の疾走する音楽はひたすら前へ前へ、そして上へ上へと突き進む。この若々しい音楽は、いつ聴いても高揚感を覚える。

 そして、これが作曲者16歳の時の作品だというのに驚く。

 『習作』感は全く無くて完全に出来上がっているし、『天才』どころではない、まさしく『神童』といっても言い過ぎではない輝きを感じる。

 弦楽合奏で演奏(録音)されることもあるけれど、このアカデミー盤は各パート一人による演奏。

 マリナーはヴァイオリン奏者として参加しています。メンバーについては以下参照(画像クリックで拡大します)。

 Img540

|

« 都響 プロムナード(準・メルクル) | トップページ | ストラヴィンスキー バレエ音楽「火の鳥」(アンセルメ&NPO) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/66339984

この記事へのトラックバック一覧です: メンデルスゾーン 弦楽八重奏曲(アカデミー室内アンサンブル):

« 都響 プロムナード(準・メルクル) | トップページ | ストラヴィンスキー バレエ音楽「火の鳥」(アンセルメ&NPO) »