« 【雑記】 CDの中のスポンジ | トップページ | 都響 プロムナード(準・メルクル) »

マーラー 交響曲第10番(バルシャイ版)

music CD

 ■ G・マーラー作曲/交響曲第10番

 Img542

 ▲ R・バルシャイ指揮/ユンゲ・ドイチェ・フィルハーモニー管弦楽団

 2001年ライブ録音。指揮者のバルシャイによる補筆完成版。

 このバルシャイ版は中間3楽章では打楽器や金管楽器がかなり活躍する。また、終楽章は弦楽器を中心にクック版に比べるとかなり『素直な』オーケストレーションになっているように感じ、ここは、バルシャイ版の方がすんなりと曲を受け入れられる。もちろん、クック版あってのバルシャイ版であるのも確かだとは思うけれど。

 演奏は前向きと言うか、かなり外向的な感じ。

 ストレート勝負。不協和音なんかはそのまま思いっきりぶつけて鳴らす。

 それがマイナスに出たのが第3楽章か。この音楽の微妙なニュアンスが感じられず、結果中間3楽章がやや一本調子になってしまった。

 それでも終楽章、トランペットの引き伸ばされた「A」の音から、第1楽章の主題が再現されてから後の物凄い高揚感は、率直に感動的。

 それにしても第1楽章はマーラーの書いた音楽の中で最も美しい楽章の一つではなかろうか。これはあの世、岸の向こう側の音楽。

 この未完の作品を補筆して完成してしまうことや、このバルシャイ版についてもいろいろと見解はあるだろうし、もちろん、マーラー自身が完成していれば、これとは大きく違ったものになっていたに違いないけれど、この未完の交響曲の全体像が見え、それを実際の『音』で聴けるという意義はとてつもなく大きい。

 全5楽章で、第5楽章の後半部に第1楽章クライマックスでの印象的な不協和音が再現する。それによって、この交響曲が大きなループを描いていることが分かるのだ。

|

« 【雑記】 CDの中のスポンジ | トップページ | 都響 プロムナード(準・メルクル) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/66341742

この記事へのトラックバック一覧です: マーラー 交響曲第10番(バルシャイ版):

« 【雑記】 CDの中のスポンジ | トップページ | 都響 プロムナード(準・メルクル) »