« ドビュッシー&ラヴェル作品集(チェリビダッケの映像) | トップページ | ショスタコーヴィチ 「ムツェンスク郡のマクベス夫人」組曲 »

アンタイル ジャズ交響曲(T・トーマス)

music CD

 ■ G・アンタイル作曲/ジャズ交響曲

 Img530

 ▲ M・ティルソン=トーマス指揮/ニュー・ワールド・シンフォニー

 1997年録音。

 私はこのCDで初めて名前を知ったのだけれども、アンタイルは1900年生まれのアメリカの作曲家(ドイツ系ユダヤ人)。

 聴く前は、同年代に書かれたガーシュウィンの「ラプソディ・イン・ブルー」みたいな感じの曲かと思いきや、冒頭こそ気楽な感じで始まるけれども、その後のピアノのソロあたりからガンガン攻めてきて、終始、刺激的な音楽が展開する。

 途中のアドリブ風トランペットのソロもイカしている。しかしながら、最後は何の変哲もないワルツでシラっと終わってしまう。

 もちろん、指揮者のT・トーマスやプレイヤー(ソリスト)のおかげもあると思うけれど、何とも面白い音楽なのだ。

|

« ドビュッシー&ラヴェル作品集(チェリビダッケの映像) | トップページ | ショスタコーヴィチ 「ムツェンスク郡のマクベス夫人」組曲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/66179780

この記事へのトラックバック一覧です: アンタイル ジャズ交響曲(T・トーマス):

« ドビュッシー&ラヴェル作品集(チェリビダッケの映像) | トップページ | ショスタコーヴィチ 「ムツェンスク郡のマクベス夫人」組曲 »