« ラヴェル ボレロ(ヘルビヒ) | トップページ | 都響 B定期(大野和士) »

プロコフィエフ 交響曲第7番(ロジェストヴェンスキー)

music CD

 ■ S・プロコフィエフ作曲/交響曲第7番

 Img536

 ▲ G・ロジェストヴェンスキー指揮/モスクワ放送交響楽団

 1967年録音。

 「青春」という副題が付けられることもあるけれど、亡くなる1年前に作曲された最後の交響曲で、「回顧モード」の音楽(特に第3楽章)。

 この曲、プロコフィエフの音楽であるのは間違いないにしても、『交響曲』としてはあまりに平易に過ぎるだろうか。

 「そんな生ぬるい音楽でいいのか?!」という囁きも聞こえて来るようではあるけれども、第3楽章の甘美な誘惑に逆らうことはできない。

 第4楽章の最後でテンポを落として第1楽章の再現。その後、鍵盤打楽器とピアノによる印象的なリズム音形が繰り返され、弱音の弦のピチカートで曲を閉じる(A)。

 スコアには別のエンディングが "Variant of the closing bars" として書かれていて、こちらはテンポを速めて、この楽章の第一テーマを再現して強奏で終わる(B)。

 どちらを採るかというのは指揮者の好みだろうけれども、作曲者自身は「A」を希望していたらしい。

 この曲録音は、結局このコンビの演奏に落ち着いてしまう。曲が曲なので所謂『爆演』にはなりようが無いけれども、音楽の流れが良く、全てが自然で、あるべきところに収まっている。

 エンディングは静かに終わる「A」を採用。

 cd

 Img534

 ▲ M・ロストロポーヴィチ指揮/フランス国立放送管弦楽団

 1986年録音。個人的に『次点』はこれ。

 まずは、オケの明るくて軽目の響きがこの曲にぴったりだし、指揮者の思い入れたっぷりの音楽が上手く中和されて、重苦しくなっていないのがいい。エンディングは静かに終わるバージョン。


 Img535

 ▲ A・プレヴィン指揮/ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団

 1989年録音。強奏で終わる「B」のエンディングを採用しているのが、このプレヴィン盤。

 肩の力が抜けた、穏やかで上品な雰囲気に終始していて、この曲ならそれも有りとは思うけど、やはり、なにか引っかかるものが欲しい気もする。

|

« ラヴェル ボレロ(ヘルビヒ) | トップページ | 都響 B定期(大野和士) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/65266461

この記事へのトラックバック一覧です: プロコフィエフ 交響曲第7番(ロジェストヴェンスキー):

« ラヴェル ボレロ(ヘルビヒ) | トップページ | 都響 B定期(大野和士) »