« レスピーギ ブラジルの印象(デュトワ) | トップページ | モーツァルト オペラ「魔笛」(ラトルの映像) »

R・シュトラウス 13管楽器のためのセレナード(アンサンブル・パリ=バスティーユ)

music CD

 ■ R・シュトラウス作曲/13管楽器のためのセレナード変ホ長調

 Img505

 ▲ アンサンブル・パリ=バスティーユ(オーボエ:フランソワ・ルルー)

 2010年録音。

 作曲者が18歳の時に作曲された曲。"Andante" の単一楽章で演奏時間は8分半。

 楽器編成は以下の通り。

  フルート 2
  オーボエ 2
  クラリネット 2
  ファゴット 2
  コントラ・ファゴット 1
  ホルン 4

 作曲者自身は「きちんとかかれているだけの保守的な作品」と言っていたらしいけれど、確かにその通り、後の作品のような複雑さ、凝ったところは微塵もない。アマチュアでも十分演奏可能だと思う。

 それにしても、抒情的な気品のある豊かな音楽で、おそらく意識したであろうモーツァルト作品を思わるようなところもあり、凡人にはとても書けないものだと思う。

 そして、2年後に作曲された、カップリングの「組曲変ロ長調」になると一気に、この作曲者『らしさ』が出てくる。

 ルルーは、このCDのメインであろう「オーボエ協奏曲」(バックはハーディング指揮のスウェーデン放送交響楽団)も含めて、ソロ、アンサンブルと共に素晴らしい演奏を聴かせてくれる。

|

« レスピーギ ブラジルの印象(デュトワ) | トップページ | モーツァルト オペラ「魔笛」(ラトルの映像) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/65882501

この記事へのトラックバック一覧です: R・シュトラウス 13管楽器のためのセレナード(アンサンブル・パリ=バスティーユ):

« レスピーギ ブラジルの印象(デュトワ) | トップページ | モーツァルト オペラ「魔笛」(ラトルの映像) »