« スーク おとぎ話(ペシェク) | トップページ | 都響 プロムナード(梅田俊明) »

須川展也デビュー20周年記念コンサート(映像)

music DVD

 ■ 須川展也デビュー20周年記念コンサート

 Img482

 ▲ 山下一史指揮/佼成ウィンド・オーケストラ/須川展也(サクソフォン)

 2004年1月31日。サントリーホールでのライブ録画。

 収録曲は以下をご覧ください(画像クリックで拡大します)。

 Img483

 オープニングはA・リード「アルメニアン・ダンス パート1」。須川さんはコンサート・マスターの席に。

 前半ではなんと言ってもピアソラ3曲がかっこいい。

 後半、テクニックを駆使した「グラナダ」に続いて「追憶」のテーマ...ヤマハのニュー・サウンズで出版されていた浦田健次郎編曲版。冒頭のソロからなんともいえない懐かしさ。これ、何度となく演奏したよなぁ...と回想モード。

 そして極めつけは(この曲の)エンディング...ハーマン・ミュートのトランペットが「♪チ・チ・チ~」。

 そう、あの頃いつでも僕らは「♪チ・チ・チ~」だった。ポップスだけではない、オリジナルもクラシックも静かに終る曲はいつでも「♪チ・チ・チ~」...若かったあの頃。

 演奏を終えた須川さんは目に涙を浮かべていたけれど、私もいろんな意味で胸が一杯になってくる曲であり演奏でした。

 そして、プログラム最後はこれまでの興奮を鎮めるようなグレインジャー。この曲でも須川さんはコンサート・マスターの席に。自分がこの楽団の一員である(当時)という気持ちの表れか。余計なパフォーマンスのない山下氏の指揮、音楽も好感が持てました。

|

« スーク おとぎ話(ペシェク) | トップページ | 都響 プロムナード(梅田俊明) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/65555720

この記事へのトラックバック一覧です: 須川展也デビュー20周年記念コンサート(映像):

« スーク おとぎ話(ペシェク) | トップページ | 都響 プロムナード(梅田俊明) »