« N響ほっとコンサート | トップページ | ブラームス セレナード第2番(ケルテス) »

ショスタコーヴィチ 組曲「黄金の丘」(ロジェストヴェンスキー)

music CD

 ■ D・ショスタコーヴィチ作曲/組曲「黄金の丘」

 Img458

 ▲ G・ロジェストヴェンスキー指揮/ソビエト文化省交響楽団

 1985年録音。

 1931年制作の映画音楽からの5曲から成る組曲。

  1.導入
  2.ワルツ
  3.フーガ
  4.葬送行進曲
  5.フィナーレ

 演奏時間20分弱。とにかくハイ・テンションで喧(やかま)しい。

 「導入」はハリウッド映画風ファンファーレ。それに続く「ワルツ」はこの組曲最大の聴きもの。

 最初のハワイアン・ギターは場末感満載だけれども、やがてフル・オーケストラの哀愁漂うワルツとなる。

 いきなりパイプ・オルガンが鳴り響く「フーガ」は『映画音楽』という域を完全に超えている。

 「フィナーレ」終結部のトランペット(「第3交響曲」からの引用)ではさすがにスタミナが切れたか、相当苦しそうに吹いているのも、また一興です。

|

« N響ほっとコンサート | トップページ | ブラームス セレナード第2番(ケルテス) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/65258439

この記事へのトラックバック一覧です: ショスタコーヴィチ 組曲「黄金の丘」(ロジェストヴェンスキー):

« N響ほっとコンサート | トップページ | ブラームス セレナード第2番(ケルテス) »