« ルロイ・アンダーソンの音楽(DVD) | トップページ | サロネン&フィルハーモニア管の「悲劇的」 »

都響 B定期(ブラビンズの英国音楽)

 ◆ 東京都交響楽団 第831回定期演奏会

 20170516

 指揮:マーティン・ブラビンズ

  バターワース作曲/青柳の堤
  ティペット作曲/ピアノ協奏曲(ピアノ:スティーヴン・オズボーン)
  ヴォーン・ウィリアムズ作曲/ロンドン交響曲(交響曲第2番)

 東京オペラシティにて。

 31歳で夭折したバターワースの「青柳の堤」は美しい田園詩。後半ではRVWの「イギリス民謡組曲」でも使われている民謡「緑の茂み」がオーボエ、そしてハープを伴奏にフルートで歌われる。

 ティペット作品は日本初演。3楽章形式。「保守的」な音楽?...印象的な部分もあったにせよ、席の関係でピアノの音が聴こえ辛かったこともあるのか、ちょっと平板に感じた。

 「ロンドン交響曲」は最終稿ではなく1920年版(少し長いらしい)での演奏だそうですが、違いは分かりませんでした...。

 ブラビンズはいかにも『英国紳士』といった態の、穏やかで品のある雰囲気。中間楽章での情感だけではなく、第1楽章の華やかさ、力強さもあり。第1楽章の冒頭やエピローグの響きはナマならでは。

 この曲の「コンサート初体験」としては十分満足できました。

|

« ルロイ・アンダーソンの音楽(DVD) | トップページ | サロネン&フィルハーモニア管の「悲劇的」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/65287059

この記事へのトラックバック一覧です: 都響 B定期(ブラビンズの英国音楽):

« ルロイ・アンダーソンの音楽(DVD) | トップページ | サロネン&フィルハーモニア管の「悲劇的」 »