« 都響 B定期(ブラビンズの英国音楽) | トップページ | N響 C定期(フェドセーエフのロシア音楽) »

サロネン&フィルハーモニア管の「悲劇的」

 ◆ フィルハーモニア管弦楽団 演奏会

 20170518

 指揮:エサ=ペッカ・サロネン

  I・ストラヴィンスキー作曲/葬送の歌
  G・マーラー作曲/交響曲第6番「悲劇的」

 東京オペラシティにて。

 「葬送の歌」は師リムスキー=コルサコフの追悼曲として作曲された曲で日本初演。

 1909年の初演後に行方不明になっていた楽譜が2015年、「サンクトペテルブルク音楽院の図書館の『開かずの間』」で発見されたそうで、作曲時期としては「花火」と「火の鳥」の間。

 終始ゆっくりとしたテンポで進められるけれども、冒頭などは「火の鳥」を思わせるような音楽が続いてなかなか面白い。

 で、メインのマーラーは...圧倒されました。凄かった。当分この曲を聴かなくてもいい、といいう気分。

 第1楽章終了後、指揮者が水分補給。第2楽章はスケルツォ。

|

« 都響 B定期(ブラビンズの英国音楽) | トップページ | N響 C定期(フェドセーエフのロシア音楽) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/65294673

この記事へのトラックバック一覧です: サロネン&フィルハーモニア管の「悲劇的」:

« 都響 B定期(ブラビンズの英国音楽) | トップページ | N響 C定期(フェドセーエフのロシア音楽) »