« イベール 交響組曲「パリ」 | トップページ | ウォルトン 映画「リチャード3世」の音楽 »

スッペ 「詩人と農夫」序曲

music CD

 ■ F・スッペ作曲/喜歌劇「詩人と農夫」序曲

 その昔は吹奏楽でよく演奏されていた曲。

 ただ、オリジナルの調性が、前半が「ニ長調」、後半が「変ロ長調」という吹奏楽的には微妙なもので、私が昔演奏した版では前半のみ移調していたような記憶が...。

 ちなみに高橋徹編曲版は原調通りです。

 cd

 Suppe_m

 ▲ Z・メータ指揮/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

 1989年録音。

 金管楽器のファンファーレから、気品のある美しいチェロのソロ(吹奏楽ではアルト・サックス)。

 ここが『詩人』で、元気のよい後半が『農夫』だろうか。

 その後半の途中に8分の3拍子になるけれど、ここは、やっぱり「ワルツ」として演奏してほしい。

 ということで、この曲はオケの魅力でこのメータ盤。ワルツはもちろん、冒頭の金管を受けての弦楽器の寂しげな表情もいい。


 Img440

 ▲ N・ヤルヴィ指揮/ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団 new

 2012年録音。

 劇場的な雰囲気は薄いけれども、決して力任せにならない、いい感じに力の抜けた演奏。前半部などは意外に繊細さもあり、中でもチェロの独奏は素晴らしい。

 スッペの序曲だけではなくマーチなども収録したアルバム。選曲的にも魅力。


 Suppe_d

 ▲ C・デュトワ指揮/モントリオール交響楽団

 1985年録音。

 レガートで奏される冒頭のファンファーレ、それを受ける弦楽器の何と繊細なことか。そして、気品のある素晴らしいチェロのソロ。

 後半部は金管や打楽器のバランスは抑えられて、とてもソフトな感触。ポルタメントがかけられたワルツ(8分の3拍子)もとても優雅だ。

 ドイツ系オケのガッシリとした演奏とは全くの別物。オッフェンバックでも聴いているような感覚になる演奏。


 Suppe_k

 ▲ H・V・カラヤン指揮/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

 1970年録音。

 冒頭のファンファーレからして、どこか芝居がかった感じがする。チェロのソロも思いっ切り表情が付けられ、後半部ではやっぱりワルツの部分。

 カップリングの「軽騎兵」同様、何とも大袈裟でカラヤン臭が強い演奏だけれども、そう割り切ってしまえば結構楽しめる。

 ロッシーニとスッペの序曲集。

 スッペは「軽騎兵」、「詩人と農夫」、「ウイーンの朝昼晩」の3曲。本当はもっと録音してたはずだけれども、ロッシーニと組み合わせのためにカットされたのか...。


 【吹奏楽版】

 Garde

 ▲ フランソワ・ジュリアン・ブラン指揮/ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団

 1967年録音。リシャール編曲の吹奏楽版。

 私が若いころ、「詩人と農夫」と言えばギャルドであって、決してオーケストラの演奏ではなかった。

 まず、冒頭の金管のファンファーレのサウンドからして痺れるけれども、その後のアルト・サックスのソロ。これはビゼーか、フランス音楽か!?

 元々、サキソフォンのために書かれた譜面の様にさえ思えてしまう。もうチェロでなくても、これでいいではないか。

 後半部、テンポを速めてからの木管楽器の存在感、バランスは、やっぱりギャルドだ。

 「ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団の芸術・第4巻」に収録。

 収録曲は下記の通り。

  トッカータとフーガニ短調(J・S・バッハ)
  ハンガリー狂詩曲第2番(リスト)
  「泥棒かささぎ」序曲(ロッシーニ)
  「詩人と農夫」序曲(スッペ)
  ファランドール(ビゼー)*
  牧神の午後への前奏曲(ドビュッシー)*
  ディオニソスの祭り(シュミット)*
  マレンゴの総督親衛隊行進曲(不詳)
  羽のついた帽子の行進曲(不詳)

 指揮はすべてブラン。「*」の3曲は1961年東京(杉並公会堂)での録音。それ以外は1967年、パリでの録音。

|

« イベール 交響組曲「パリ」 | トップページ | ウォルトン 映画「リチャード3世」の音楽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/63842020

この記事へのトラックバック一覧です: スッペ 「詩人と農夫」序曲:

« イベール 交響組曲「パリ」 | トップページ | ウォルトン 映画「リチャード3世」の音楽 »