« 都響 A定期(アラン・ギルバート) | トップページ | スーザ・セレブレーション(K・ヤルヴィ) »

ウォルトン 戴冠式行進曲「王冠」

music CD

 ■ W・ウォルトン作曲/戴冠式行進曲「王冠」

 Boult_march

 ▲ A・ボールト指揮/ロンドンフィルハーモニー管弦楽団

 1977年録音。

 1937年、ジョージ6世の戴冠式のために作曲された曲。1963年に改訂されてかなり短縮されている。

 吹奏楽で演奏したり、フェネル&イーストマンWE盤などを聴いていたものの、原曲のオーケストラ版は聴く機会が無く、最初に聴いたのはグローヴス盤だったと思う。

 「ABABコーダ」という、「威風堂々」と同様の構成で、その第1番をさらにスケールアップしたような音楽。

 オーケストラでは、作曲者自身による改訂版(短縮版)で録音されることが多いようだけれども(プレヴィン、グローヴス)、最初は吹奏楽版に親しんでいた身からすると、これは、いかにも『カット版』といった感じがして違和感がある(特にコーダ)。

 嬉しいことに、このボールト盤はカット無しのオリジナル版。私はこちらの方がシックリくる。

 確かに吹奏楽向けの音楽ではあるけれども、オーケストラで聴くと、晴れやかさ、厳かさ、気品がさらに加わるように感じる。

 pencil

 スコアは以下の2種類が出版されていて、収録されているバージョンが異なります。

 Img444

 2曲の「戴冠式行進曲」が収録されているスコア(Oxford版)。「王冠」は原典版。

 Img137

 1963年改訂版のスコア(Oxford版)。

cd

 Img135

 ▲ A・プレヴィン指揮/ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団

 こちらは改訂版での録音。2曲の戴冠式行進曲(「王冠」「宝玉と王の杖」)と「交響曲第1番」を収録。演奏は◎。


 Img136

 ▲ F・フェネル指揮/イーストマン・ウィンド・アンサンブル

 吹奏楽版。カット無しの初演版。

 【演奏時間】
  ボールト 8:31
  プレヴィン 6:28 (改訂版)
  フェネル 9:59

|

« 都響 A定期(アラン・ギルバート) | トップページ | スーザ・セレブレーション(K・ヤルヴィ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/62656161

この記事へのトラックバック一覧です: ウォルトン 戴冠式行進曲「王冠」:

« 都響 A定期(アラン・ギルバート) | トップページ | スーザ・セレブレーション(K・ヤルヴィ) »