« 都響 C定期(アラン・ギルバート) | トップページ | R・シュトラウス ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら(チェリビダッケ) »

ウォルトン 戴冠式行進曲「宝玉と王の杖」

music CD

 ■ W・ウォルトン作曲/戴冠式行進曲「宝玉と王の杖(Orb and Sceptre)」

 1953年、エリザベス2世の戴冠式のために作曲された曲。

 構成はもう1曲の戴冠式行進曲、「王冠」とほぼ同じだけれども、音楽のつくりははるかに凝っていて、演奏の難易度も高い。

 とはいうものの、トリオのメロディは安定の『ウォルトン節』。ファンファーレ風に絡むトランペットがカッコイイ。

 また、特に主部は、もはや「行進曲」というよりも「祝賀曲」とでもいえるもので、さすがにこれで行進はできないと思う。

 調性がホ長調ということもあって(1回目のトリオはハ長調)吹奏楽で演奏されることはないようです。

 cd

 Img135

 ▲ A・プレヴィン指揮/ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団

 1986年録音。カップリングの「王冠」共々、サウンドも含めてまず申し分のない演奏。イチ推し。


 Boult_march

 ▲ A・ボールト指揮/ロンドンフィルハーモニー管弦楽団

 1977年録音。ボールトはこの曲の初演者(「王冠」も同じ)。

 速めのテンポで活き活きと、しかし芝居っ気が無く、素朴、かつ、リラックスした独特の味わいを持った演奏。


 Img188

 ▲ C・グローヴズ指揮/ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団

 1969年録音。

 こちらは遅めのテンポで堂々とした雰囲気を持っている。ただ、ちょっと大味に感じるところもある。


 Img445

 ▲ J・ウィリアムズ指揮/ボストン・ポップス管弦楽団

 1980年録音。

 私が最初に聴いたのがこの演奏。「マーチ集」アルバム(LP)に収録されていました。明るく華やかなサウンド。途中ではスウィングするようなノリも聴かれる。


 【映像】

  Img037

 ▲ A・プレヴィン指揮/フィルハーモニア管弦楽団

 1982年、ロイヤル・フェスティヴァル・ホールでのライブ録画。

 指揮をするプレヴィンはとても若々しい。

 ウォルトンの「80歳記念コンサート」。客席には御本人の姿も見られ、トリオの部分では実際の戴冠式の時のニュース映像が挿入されて雰囲気を盛り上げる。

|

« 都響 C定期(アラン・ギルバート) | トップページ | R・シュトラウス ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら(チェリビダッケ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/65170928

この記事へのトラックバック一覧です: ウォルトン 戴冠式行進曲「宝玉と王の杖」:

« 都響 C定期(アラン・ギルバート) | トップページ | R・シュトラウス ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら(チェリビダッケ) »