« N響 横浜スペシャル(P・ヤルヴィ) | トップページ | 都響 C定期(ルスティオーニ) »

ヴォーン・ウィリアムズ ロンドン交響曲(ノリントン)

music CD

 ■ R・ヴォーン・ウィリアムズ作曲/ロンドン交響曲(交響曲第2番)

 Img408

 ▲ R・ノリントン指揮/ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団

 1996年録音。

 第1楽章はロンドンの夜明け。静寂の中にハープなどによるビッグ・ベンの鐘の音が聞こえてくる。

 音楽は次第に活気を増し、やがて賑やかな街の情景となる。エネルギッシュではあるけれども、なにやら威圧感も感じる。途中で民謡風の素朴な旋律が現れたり、弦楽器のソリ(soli)による叙情的な部分が挟まれる。

 第2楽章は穏やかな郊外の風景。第3楽章は「夜想曲」と副題の付いた軽快なスケルツォ楽章。

 それに続くフィナーレは、どこか不安げな重苦しい行進曲で、これは「失業者の行進」だそうだ。

 途中テンポが速くなるものの、また最初の行進が戻り、第1楽章のエコーのあとに再びビッグ・ベンの鐘の音が聞こえてくる。

 London_symphony_3

 その後、第1楽章冒頭の音楽が回帰しエピローグとなり、ト長調の和音で静かに曲を閉じる。

 フィナーレに華やかな音楽を持ってこなかったところが、この曲のミソだろう。まさしく、大都会の光と影、様々な『顔』を感じさせてくれる。

 ボールト、バルビローリ、プレヴィン、あるいは、ハイティンクなどの名盤もあるけれども、このノリントンもなかなか聴かせてくれる。

 まだ、シュトゥットガルト放送響の首席指揮者になる前。昨今はクセのある音楽を聴かせることも多いけれども、この録音はそうではない。

 スッキリとメリハリのあるサウンドの中に、抒情性、情感も十分に感じさせてくれる。

|

« N響 横浜スペシャル(P・ヤルヴィ) | トップページ | 都響 C定期(ルスティオーニ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/64897929

この記事へのトラックバック一覧です: ヴォーン・ウィリアムズ ロンドン交響曲(ノリントン):

« N響 横浜スペシャル(P・ヤルヴィ) | トップページ | 都響 C定期(ルスティオーニ) »