« ホルスト ムーアサイド組曲(コリアリー・バンド) | トップページ | ドビュッシー 牧神の午後への前奏曲(プレートルの映像) »

ヴォーン・ウィリアムズ 交響曲第4番

music CD

 ■ R・ヴォーン・ウィリアムズ作曲/交響曲第4番

 「海」「ロンドン」「田園」と続いて、最初の表題無しの交響曲。曲想も前3曲のような親しみやすさ、イギリス的な情感は全くない、『辛口』の音楽。

 冒頭からいきなり不協和音が炸裂、その激しく緊迫した雰囲気は、終楽章でのフーガによるエピローグまで続く。

 第1楽章でひとしきり荒れ狂った後のに訪れるレントの静けさ(終楽章で再現する)も、印象的。長調と短調の間を揺れ動きつつ、第2楽章へと続く。

 フーガ風の中間部を持つ第3楽章のスケルツォからアタッカで続く第4楽章は行進曲風に始まり、途中で第1楽章のレントを回想。

 最後は第1楽章冒頭の音楽が回帰して、強烈な一撃で曲を閉じる。

 cd

 Rvw_p

 ▲ A・プレヴィン指揮/ロンドン交響楽団

 若き日のプレヴィンによる交響曲全集から。

 まずは第1楽章、鋭く切り込むオープニングから、ストレートに終始攻め立てる。何より音楽が分かり易く、とっつきにくさが無い。第2楽章はやや単調な感じがするけれど、第3楽章以後で盛り返す。

 この全集の魅力は、フレッチャーの吹くRVWの「チューバ協奏曲」が収録されていることで、人によってはそちらがメインか。


 Rvw_4_6

 ▲ R・ノリントン指揮/ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団

 1997年録音。

 この曲は最初は馴染めなかったのだけれども(RVWと言えば「イギ民」だったので)、何度か聴くうちにハマッてくる魅力がある。

 ノリントンは「古楽器オケ」とか「ピュアトーン」というイメージがあるけれども、そういう先入観念を除いたところでの、見事な演奏。

 漫然とスコアを音にするのではない、考えられ、曲が作り込まれている。第1楽章の第2主題、最後のレントから第2楽章へかけてが素晴らしく、遅めのテンポの第4楽章も独特の雰囲気を持っている。

 交響曲第6番とのカップリング。

|

« ホルスト ムーアサイド組曲(コリアリー・バンド) | トップページ | ドビュッシー 牧神の午後への前奏曲(プレートルの映像) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/64172131

この記事へのトラックバック一覧です: ヴォーン・ウィリアムズ 交響曲第4番:

« ホルスト ムーアサイド組曲(コリアリー・バンド) | トップページ | ドビュッシー 牧神の午後への前奏曲(プレートルの映像) »