« 都響A定期(小泉和裕) | トップページ | エルガー コケイン序曲(オーマンディ) »

チャイコフスキー 交響曲第1番(M・T・トーマス)

music CD

 ■ チャイコフスキー作曲/交響曲第1番「冬の日の幻想」

 Img391

 ▲ マイケル・ティルソン・トーマス指揮/ボストン交響楽団

 1970年録音。M・T・トーマス、若かりし日(まだ20代)の録音。現在活躍中の指揮者だけれども、当時からその才能は発揮されていた。

 第4楽章途中のヴィオラから始まるフーガ風の部分でガクッと大きくテンポを落とす。そこから再現部へ向けて徐々にテンポを戻していく。

 こういった『細工』をするのは今も変わらないけれど、後期の交響曲ならともかく、これくらいであれば『演出』として十分許容範囲内。むしろ、曲の冗長さを救ってくれている。

 それ以外については若々しくストレートな音楽作り。第2楽章も湿っぽくならないし、終楽章コーダの加速もいい。

|

« 都響A定期(小泉和裕) | トップページ | エルガー コケイン序曲(オーマンディ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/64770217

この記事へのトラックバック一覧です: チャイコフスキー 交響曲第1番(M・T・トーマス):

« 都響A定期(小泉和裕) | トップページ | エルガー コケイン序曲(オーマンディ) »