« R・シュトラウス 英雄の生涯(ケンペの映像) | トップページ | ショスタコーヴィチ ミケランジェロの詩による組曲(ムーティ) »

都響 A定期(フルシャ)

 ◆ 東京都交響楽団 第822回定期演奏会

 20161219

 指揮:ヤクブ・フルシャ

  マルティヌー作曲/交響曲第5番
  ショスタコーヴィチ作曲/交響曲第10番

 東京文化会館にて。

 後半のショスタコーヴィチはなかなか面白かった。もちろん、一昔前の(例えばソビエトの指揮者・オケによる)終始緊張感を強いられ、パワーで圧倒されようなタイプの演奏とは異なる。

 第1楽章はよくコントロールされ、迫力一辺倒ではない、人間的な情感も強く感じさせる。

 第2楽章は曲も曲なので指揮者は大いに煽り立てる。ただ、オケの響きは決して粗っぽくはならない。

 難曲ゆえに危なっかしい場面もあったけれども、終楽章のエンディングなどは見事に締めてくれたと思う。

 管楽器のソロもとてもよく、特に第1楽章のクラリネットとピッコロ、第4楽章のオーボエは◎。

 前半のマルティヌーはクーベリック&チェコ・フィルが初演した曲。ただ、今一つその面白さが分からない...。

 何はともあれ、先日のマーラーといい、今回のフルシャ氏は聴かせてくれました。

|

« R・シュトラウス 英雄の生涯(ケンペの映像) | トップページ | ショスタコーヴィチ ミケランジェロの詩による組曲(ムーティ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/64643032

この記事へのトラックバック一覧です: 都響 A定期(フルシャ):

« R・シュトラウス 英雄の生涯(ケンペの映像) | トップページ | ショスタコーヴィチ ミケランジェロの詩による組曲(ムーティ) »