« ハイドン 交響曲第103番「太鼓連打」(ギーレン) | トップページ | ベルリオーズ 幻想交響曲(アルヴィド・ヤンソンス) »

モーツァルト 交響曲第39番(ヤーコブス)

music CD

 ■ モーツァルト作曲/交響曲第39番

 Img373

 ▲ ルネ・ヤーコブス指揮/フライブルク・バロック管弦楽団

 2008年録音。

 第3楽章は超高速テンポ。ダ・カーポ後もリピートを行なっているのに、演奏時間は3分半(リピート無しのワルターよりも短い)。

 意外に第2楽章のスッキリした音楽がいい。後半2楽章の仕掛けも面白い。

 「こういうモーツァルトもあるのだな」と楽しみつつも、繰り返し聴きたいかというとちょっと微妙...(特に終楽章の手の内が見えてしまうと)。やはりワルターの演奏が懐かしいのは、そういう世代だからだろうか。

pencil 【追記】

 カップリングの「第40番」も聴いた。第1楽章の冒頭のメロディは何とも味気ない感はあるけれど、これは嗜好の問題としても、「39番」以上に作為が耳につく。

 第2楽章はリピートを全部行なって演奏時間15分。スッキリした響きで、途中で飽きることは無いのだけれども、2本のファゴットがテーマを演奏する場面で、8分音を何であんな風に吹かせるのか。「面白い」かもしれないけれども、受け入れ難い。

 「仕掛け」についても「第39番」と同様。1回聴く分には耳新しいけれども、そこまで...という気がする。

 この指揮者のハイドン、「オックスフォード」交響曲はとても気に入っているのだけれど..。


|

« ハイドン 交響曲第103番「太鼓連打」(ギーレン) | トップページ | ベルリオーズ 幻想交響曲(アルヴィド・ヤンソンス) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/64402928

この記事へのトラックバック一覧です: モーツァルト 交響曲第39番(ヤーコブス):

« ハイドン 交響曲第103番「太鼓連打」(ギーレン) | トップページ | ベルリオーズ 幻想交響曲(アルヴィド・ヤンソンス) »