« マーラー 交響曲第7番(アバド&ルツェルン祝祭管) | トップページ | N響 C定期(井上道義) »

ハーディング&パリ管

  東京は朝から雪snow。幸い、夕方には止んでくれました。

 ◆ パリ管弦楽団 演奏会

 20161124

 指揮:ダニエル・ハーディング

  ブリテン作曲/4つの海の間奏曲(オペラ「ピーター・グライムズ」から)
  ブラームス作曲/ヴァイオリン協奏曲(独奏:ジュシア・ベル)
  ベルリオーズ作曲/劇的交響曲「ロメオとジュリエット」から

 東京芸術劇場にて。アンコール曲は無し。

 ベルリオーズは、ありがちな「幻想交響曲」でないのが嬉しい。

 (当然ながら)管弦楽部分のみの抜粋。抜粋曲は当初の予定から変更になって、オリジナルの曲順に演奏して、最後は「キャピュレット家の墓地におけるロメオ」、つまり終曲の合唱の前でお仕舞い。

 正直、尻切れトンボの感はあるのだけれども、このいかにも芝居がかった大袈裟な音楽を、見事にオーケストラをドライブして聴かせてくれました。また、「愛の場面」の繊細な音楽、オーケストラの色彩感。

 前半のブリテン、ブラームスも素晴らしく、ハーディングは今年からこのオケの首席指揮者に就任したそうで、氏の洗練された音楽、ある種の『軽さ』が、このオケと相性が良いように感じた。

|

« マーラー 交響曲第7番(アバド&ルツェルン祝祭管) | トップページ | N響 C定期(井上道義) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/64539285

この記事へのトラックバック一覧です: ハーディング&パリ管:

« マーラー 交響曲第7番(アバド&ルツェルン祝祭管) | トップページ | N響 C定期(井上道義) »