« モーツァルト 交響曲第39番(ノリントン) | トップページ | モーツァルト 交響曲第39番(ヤーコブス) »

ハイドン 交響曲第103番「太鼓連打」(ギーレン)

music CD

 ■ ハイドン作曲/交響曲第103番「太鼓連打」

 Img372

 ▲ M・ギーレン指揮/南西ドイツ放送交響楽団

 2004年ライブ録音。

 この曲の愛称である、冒頭のティンパニに由来する「太鼓連打」(ハイドン自身の命名ではない)。

 英語ならば「ドラム・ロール(Drum Roll)」...こちらの方がシックリ来る気もするけれども、このギーレン盤はロールどころの話ではなく、「太鼓乱打」という感じで派手にやっている。

 第1楽章の冒頭。

 Img128

 この部分、作曲者は "Solo" "Intrada" とのみ書いていて、強弱などは指定されておらず、どのように演奏するかは、指揮者(奏者)に任されるのだけれど、(ヒネクレ者を除く?)大半の指揮者は素直にロールのフェルマータとして演奏している。

 終楽章のコーダ(エンディング)は「初稿版」を使用。第3楽章トリオのテンポの揺らし方は面白い。

 オケは対抗配置。ただ、ピリオド系のサウンドを意識している感じはなく、金管やティンパニは控え目で、メリハリ(コントラスト)よりもソフトでまとまりのよい、落ち着いたサウンドを作っていて、同じ指揮者による「第99番」(これは大好きな録音)のような引き締まった演奏とは趣が違う。

 それでも重々しくならない、サラッとした感触がギーレンらしいところ。

|

« モーツァルト 交響曲第39番(ノリントン) | トップページ | モーツァルト 交響曲第39番(ヤーコブス) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/64493901

この記事へのトラックバック一覧です: ハイドン 交響曲第103番「太鼓連打」(ギーレン):

« モーツァルト 交響曲第39番(ノリントン) | トップページ | モーツァルト 交響曲第39番(ヤーコブス) »