« シューベルト 交響曲第8番「未完成」(ダウスゴー) | トップページ | モーツァルト 交響曲第39番(ノリントン) »

モーツァルト 交響曲第28番(ノリントン)

musicCD

 ■ モーツァルト作曲/交響曲第28番

 Img366

 ▲ R・ノリントン指揮/シュトゥットガルト放送交響楽団

 2006年ライブ録音。

 ワルター&コロンビア響の録音を聴いてから、モーツァルトの交響曲の中でもお気に入りの曲になっていて、ノリントンはワルターとはまた別のタイプだけれども、これも面白い。

 編成にはティンパニが加わっていて、メリハリの効いた溌剌とした演奏。リピートを全部行なってもサクサク進むので退屈することはない。第2楽章のテンポは速めで、さすがに、この楽章はワルターの「歌」に敵うものはない。

 モーツァルトのスコアは本当にシンプルなのだけれども、音楽がギッシリ詰まっている。スコアには最低限の表情(強弱)記号しか書かれていないけれども、そこには無限の表現の可能性があり、それは奏者(指揮者)の手に委ねられている。楽譜通りに演奏すれば(とりあえず)OK、という音楽ではない。

 私の所有しているスコア(新全集版)にはティンパニは入っておらず、ワルターも加えていないが、その「序文」によると、

 ・自筆のティンパニの譜面は紛失してしまった(存在はしていた)
 ・第三者が写譜した譜面にはモーツァルトによるものらしいティンパニのパートが存在する

 ...とのことで、ノリントンは後者を採用しているのかもしれない。

|

« シューベルト 交響曲第8番「未完成」(ダウスゴー) | トップページ | モーツァルト 交響曲第39番(ノリントン) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/64406416

この記事へのトラックバック一覧です: モーツァルト 交響曲第28番(ノリントン):

« シューベルト 交響曲第8番「未完成」(ダウスゴー) | トップページ | モーツァルト 交響曲第39番(ノリントン) »