« スーザ名曲集(キース・ブライオン) | トップページ | チャイコフスキー 交響曲第6番「悲愴」(ムラヴィンスキーの来日ライブ) »

ヘンデル 王宮の花火の音楽

music CD

 ■ ヘンデル作曲/王宮の花火の音楽

 【管打楽器版】

 初演時と同様に、管・打楽器のみによる演奏。

 Img325

 ▲ T・ピノック指揮/イングリッシュ・コンサート

 1996年録音。

 ヘンデルが指定した人数による、ピリオド楽器(古楽器)での演奏。

 楽器編成は下記の通り(カッコ内は人数)。総勢61名。

  1 Oboe (12)/2 Oboe (8)/3 Oboe (4)
  1 Bassoon (8)/2 Bassoon (4)/Contrabassoon (1)

  1 Horn (3)/2 Horn (3)/3 Horn (3)
  1 Trumpet (3)/2 Trumpet (3)/3 Trumpet (3)
  Timpani (3)/Side Drum (3)

 録音風景の写真が掲載されているけれども、体育館みたいな場所にズラッと並んだ奏者、にょきにょきと生えている12本のバスーンは壮観。

 Img327

 Img326_2

 Img328

 オーボエ24本などと聞くとゾッとするし、物量に任せた大雑把な演奏かと思いきや、意外にまとまりもあって、野外演奏的な大らかさを感じる。

 また、祝祭的・イベント的な華やかさもあり、活き活きとした演奏はとてもいい。


 Img088

 ▲ F・フェネル指揮/クリーヴランド・シンフォニック・ウィンズ

 1978年録音。

 クリーヴランド管弦楽団の管楽セクションによる演奏。

 ホルスト作曲の組曲などとのカップリングで、吹奏楽関係者には有名なCD。

 アンソニー・ベインズとチャールズ・マッケラスによる編曲版...と言っても、いわゆる『吹奏楽編成』への編曲ではなく、オリジナルの『縮小版』といった感じ。

 各パートの人数は以下の通りで、オリジナルにはないフルート、トロンボーンなどが加わっている。

  Flute/Piccolo 3
  Oboe 8
  Fagotto 7
  Contra Fagotto
  Contra Bass
  Horn 5
  Trumpet 6
  Trombone 3
  Timpani
  Field Drum 3
  Cymbal, Bass Drum

 サウンドはあくまで『ウィンド・アンサンブル』、キッチリと生真面目。当然モダン楽器による演奏。

 ゆったりとしたテンポで始まる「序曲」は、ピノック盤に比べると人数は少ないのだけれども、使用している楽器のせいもあるのか、とても重く感じる。

 「序曲」の後半、"Lentemente" 以後をカット。「歓喜」「メヌエット」ではドラムだけでなく、大太鼓、シンバルも派手に加わる。

 ピノック盤が出た今となってはやや分が悪い。


 【管弦楽版】

 弦楽器も加えた管弦楽編成による演奏。

 Img330

 ▲ R・ノリントン指揮/ロンドン・クラシカル・プレイヤーズ

 1996年録音。古楽器による演奏。

 フレージングに癖があるけれども、速めのテンポによる軽快な音楽。スッキリした響きはとても心地よい。


 Img329

 ▲ K・ミュンヒンガー指揮/シュトゥットガルト室内管弦楽団

 1981年録音。

 今ではすっかり古楽器(ピリオド楽器)が主流になってしまったけれど、その昔『バロック音楽』と言えばパイヤールとこのミュンヒンガー。

 古楽器系の演奏で育った人からすれば、「古臭い」「時代遅れ」ということなってしまうのかもしれないけれども、暖かい、そして品のある音楽。やはり私にとっては必要なものだ。


 【ハーティ編曲版】

 以下の4曲を抜粋して編曲。

  1.序曲
  2.アラ・シチリアーナ
  3.ブーレ
  4.メヌエット

 Img305

 ▲ A・プレヴィン指揮/ピッツバーグ交響楽団

 1982年録音。

 「序曲」で聴かれる優雅な音楽はモダン・オケならではのもので、バロック系の演奏とは別世界。なんだかエルガーなどのイギリス音楽を聴いているような気分になる。

 こういう演奏でこそ、このハーティ編曲版を現代のオケで演奏する価値があるというもの。


 Img304

 ▲ G・セル指揮/ロンドン交響楽団

 1961年録音。

 ゴージャスなサウンドで、情感たっぷりに、また繊細な部分もあり、何だかストコフスキーのバッハ編曲みたいで、厚化粧気味ではあるけれども、これはこれで面白い。

|

« スーザ名曲集(キース・ブライオン) | トップページ | チャイコフスキー 交響曲第6番「悲愴」(ムラヴィンスキーの来日ライブ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/64137038

この記事へのトラックバック一覧です: ヘンデル 王宮の花火の音楽:

« スーザ名曲集(キース・ブライオン) | トップページ | チャイコフスキー 交響曲第6番「悲愴」(ムラヴィンスキーの来日ライブ) »