« エルガー 交響曲第1番 | トップページ | スーザ名曲集(キース・ブライオン) »

バーンスタイン 交響曲第2番「不安の時代」(バーンスタインの自作自演盤)

music CD&DVD

 ■ L・バーンスタイン作曲/交響曲第2番「不安の時代」

 第1部
  a) プロローグ
  b) 7つの時代(変奏1-7)
  c) 7つの階段(変奏8-14)
 第2部
  a) 挽歌
  b) 仮面舞踏会
  c) エピローグ

 ピアノ協奏曲ともいえる曲。初演時はバーンスタイン自身がピアノを担当。

 <初演>1949年4月8日
  クーセヴィツキー指揮/ボストン交響楽団/バーンスタイン(ピアノ)
 <ニューヨーク初演>1950年2月23日 バーンスタイン指揮による初めての演奏
  バーンスタイン指揮/ニューヨーク・フィルハーモニック/L・フォス(ピアノ)
 <改訂版初演>1965年7月15日
  バーンスタイン指揮/ニューヨーク・フィルハーモニック/F・アントルモン(ピアノ)

 元となったオーデンの詩は読んでいないのだけれど、「第二次世界大戦末期のニューヨークで暮らす4人の人間の孤独を描いた」曲とのこと。

 ジャズ的な雰囲気を持った、第2部の「マスク(仮面舞踏会)」が面白い。管と弦楽器はお休みで、ソロ・ピアノと打楽器、鍵盤楽器、チェレスタ、ハープ、弦ベース(ソロ)という編成で演奏される。いかにも『才気煥発』と言った音楽。

 全体としてシリアスで重苦しい雰囲気の中、この楽章がアクセントになっている(ちょっと浮いているようにも感じるけれど...)。

 cd

 作曲者自身の指揮による録音と映像ソフト。

 Img352

 ▲ L・バーンスタイン指揮/ニューヨーク・フィルハーモニック/P・アントルモン(ピアノ)

 1965年録音。

 Img351

 ▲ L・バーンスタイン指揮/イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団/L・フォス(ピアノ)

 1977年録音。

 【映像】

 Img350

 ▲ L・バーンスタイン指揮/ロンドン交響楽団/K・ツィメルマン(ピアノ)

 1986年のライブ録画。これは素晴らしい演奏。

 ツィメルマンはバーンスタイン(&VPO)とブラームス、ベートーヴェンのピアノ協奏曲を録音していて、その映像ソフトを観ても、間違いなくバーンスタインのお気に入りの奏者だったに違いない。

 そのピアノのツィメルマン(若くてカッコイイ)がいい。ピンと張った緊張感。完全に曲を自分のものにしている感がある。

 エンディングの高揚感・陶酔感はバーンスタインならでは。第2部での「ジャズ」も違和感が無く収まっている。

 この曲に興味のある人は、一見の価値あり。

|

« エルガー 交響曲第1番 | トップページ | スーザ名曲集(キース・ブライオン) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/63355311

この記事へのトラックバック一覧です: バーンスタイン 交響曲第2番「不安の時代」(バーンスタインの自作自演盤):

« エルガー 交響曲第1番 | トップページ | スーザ名曲集(キース・ブライオン) »