« ハイドン 交響曲第102番(ラトル&バーミンガム市響) | トップページ | ベルリオーズ 幻想交響曲(ロジェストヴェンスキー&レニングラードPO) »

ヴォーン・ウィリアムズ 交響曲第8番(ボールトの映像)

music DVD

 ■ R・V・ウィリアムズ作曲/交響曲第8番

 Boult_rvw

 ▲ A・ボールト指揮/ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団

 1972年10月18日のライブ録画。

 2管編成のオケ(ホルンは2本、チューバ無し)に、多くの打楽器(ティンパニ以外で5人の奏者)が加わる。

 第1楽章「ファンタジア」は「主題のない変奏曲」。第2楽章は管楽器だけによる行進曲。

 第3楽章は弦楽器による「カヴァティーナ」で、「タリスの主題による…」を思わせる部分もある美しい音楽。

 フィナーレの「トッカータ」は再びトゥッティ。ここでは鍵盤打楽器が活躍し、ニ長調のエンディングを迎える。

 5音音階のモチーフにゴングが入るので、中華風な味わい。

 ヴィブラフォン、チャイムなどの鍵盤打楽器、チェレスタ、ハープがサウンド的な面白さを出している。

 「嬉遊曲(ディヴェルティメント)」的な遊び心、親しみやすさがある曲で、クラシカルな雰囲気も持っている楽しい音楽。

 この曲は、嬉しいことに、ボールトのライブ映像を観ることができる。

 Boult

 80代であるけれども、長い指揮棒を持って、かくしゃくとした、見事な指揮ぶり。

|

« ハイドン 交響曲第102番(ラトル&バーミンガム市響) | トップページ | ベルリオーズ 幻想交響曲(ロジェストヴェンスキー&レニングラードPO) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/64172146

この記事へのトラックバック一覧です: ヴォーン・ウィリアムズ 交響曲第8番(ボールトの映像):

« ハイドン 交響曲第102番(ラトル&バーミンガム市響) | トップページ | ベルリオーズ 幻想交響曲(ロジェストヴェンスキー&レニングラードPO) »