« ブラームス 交響曲第2番(ケンペの映像) | トップページ | ウォルトン 交響曲第1番(ハイティンク) »

グラズノフ 交響曲第5番

music CD

 ■ A・グラズノフ作曲/交響曲第5番

 Img002_3

 ▲ N・ヤルヴィ指揮/バイエルン放送交響楽団

 1983年録音。

 堂々としたユニゾンによる第1楽章の冒頭はいい雰囲気。ブラームス、ドヴォルザーク、シューマン...色んな作曲家の影がチラつく。

 第2楽章はメンデルスゾーン的スケルツォ。トリオはフルートやピッコロのメロディが可愛らしいけれども、間もなく20世紀を迎えようとしている時に、こんなに呑気でいいのかという気にもなってくる。

 穏やかな第3楽章は正にアンダンテ(Andante)、一度浸かると出るのが億劫になるような心地良さ。

 そして、民族舞曲風の賑やかなフィナーレはこの曲の最大の聴き所。この楽章から打楽器が加わるのはお約束。

 しかし、エンディングの和音進行(B♭→E♭→B♭)がチャイコフスキーのピアノ協奏曲風なのには、ちょっと笑ってしまった(失礼sweat02)...せっかくいい雰囲気だったのに、最後の最後にこう来るとは。

 ▼グラズノフ作曲/交響曲第5番~第4楽章終結部

 G_5_2

 ▼チャイコフスキー作曲/ピアノ協奏曲第1番~第1楽章終結部

 Pc_1_4

 ここはフツーに終わってもよかったんじゃないでしょうか>グラズノフ先生。

 このヤルヴィ(@父)盤は、当然ながらロシア的な土臭さは無いけれども、フィナーレのコーダはケレン味たっぷりに、これでもかとばかりに豪快に盛り上げてくれる。


 Mrav_j

 ▲ E・ムラヴィンスキー指揮/レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団

 1979年6月8日、NHKホールでのライブ録音。

 聞こえてくる拍手の距離感からすると、どうも客席で録音されたような印象を受ける。オケの音は遠目だし、バランスも良くない。

 しかし、演奏については別格の素晴らしさ。確信に満ち、見事に統制され、作り上げられている。

 初めてこの曲を聴く人に勧めることはないけれども、個人的にはこれ1枚あれば十分という気持ちにもなる。


 Img324

 ▲ V・フェドセーエフ指揮/モスクワ放送交響楽団

 1974年録音。フェドセーエフがこのオケの音楽監督に就任した年、このコンビがまだロシア的な土臭さを持っていた時期の録音。

 テーマがユニゾンで奏される冒頭からして「おお!」と思わず声が出る荒々しい迫力。常にテヌート(sempre tenuto)で吹くトランペット、フィナーレは轟音を立てて爆走する。

|

« ブラームス 交響曲第2番(ケンペの映像) | トップページ | ウォルトン 交響曲第1番(ハイティンク) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/64204790

この記事へのトラックバック一覧です: グラズノフ 交響曲第5番:

« ブラームス 交響曲第2番(ケンペの映像) | トップページ | ウォルトン 交響曲第1番(ハイティンク) »