« ニールセン 交響曲第5番(サロネン) | トップページ | ブリテン 4つの海の間奏曲(オペラ「ピーター・グライムズ」から) »

リムスキー=コルサコフ 「雪娘」組曲

music CD

 ■ N・リムスキー=コルサコフ作曲/オペラ「雪娘」組曲

 演奏時間は約12分。とてもコンパクトにまとまった組曲。

  1.導入(プロローグ)
  2.鳥たちの踊り(プロローグ)
  3.行列(第2幕)
  4.軽業師の踊り(第3幕)

 「導入」は鳥の鳴き声と共に春の訪れを描いた音楽で、そのまま続く「鳥たちの踊り」では管楽器が鳥の鳴き声を描写し、民謡風の楽しい旋律。スコアにはオリジナルのオペラと同じコーラスのパートも入っていて、アンセルメはコーラス入りで録音しています。

 荘重でコミカルな雰囲気もある「行列」。終曲の「軽業師の踊り」は単独でも演奏される元気のよい曲。無窮動風の弦楽器の16分音符。

 オーケストレーションは相変わらず見事で、1、2曲目の描写はもちろんのこと、「軽業師の踊り」の第2主題の再現部分では、打楽器と弦・管楽器のリズムの頭打ちと裏打ちが途中で入れ替わるという、非常にトリッキーなスコアを書いている。

 このページには、冒頭部分について「春の訪れを告げる鶏の声・・・」とあって、『鶏(にわとり)の声』とはオーボエとイングリッシュホルンによる、このパッセージのことだろうか。

 Snow_3

 確かに、そう言われてみれば、そのように聴こえてくるけれど、「鶏」と「春」というのは、どうも結び付かない(ロシアの鶏は春になると鳴き出すのか?)。

cd

 Img192

 ▲ N・ヤルヴィ指揮/スコティッシュ・ナショナル管弦楽団

 スケールの大きな豪快なサウンド。特に「軽業師…」はロシアのオケを思わせるような豪快な鳴らしっぷりで爽快です。


 Img199

 ▲ M・ユロフスキー指揮/ベルリン放送交響楽団

 1996年録音。指揮のミハイル・ユロフスキーは、活躍中の若手指揮者、ウラディーミル・ユロフスキーの父上です。

 ロシア的な雰囲気は無いにしても、まとまりがいい、クセの無い演奏はストレートに楽しめる。


 Img256

 ▲ G・シュワルツ指揮/シアトル交響楽団

 2011年録音。これも丁寧によくまとめられた演奏。


 Saltan_as

 ▲ E・アンセルメ指揮/スイス・ロマンド管弦楽団

 1957年録音。第2曲にコーラス入り。

 かなり古い録音だけれども、今聴いても決して聴き劣りすることが無い。


 【軽業師の踊り】

 終曲「軽業師の踊り」のみの録音。

 Img205

 ▲ E・オーマンディ指揮/フィラデルフィア管弦楽団

 1963年録音。安定のフィラデルフィア・サウンド。


 【オペラ全曲盤】

 Img334

 ▲ V・フェドセーエフ指揮/モスクワ放送交響楽団

 フェドセーエフがモスクワ放送響の音楽監督に就任してすぐ、1975年の録音。

 3枚組、演奏時間3時間強の長丁場。

 「軽業師の踊り」は『スピード感+重量感』を味わえるパワフルな快演。

|

« ニールセン 交響曲第5番(サロネン) | トップページ | ブリテン 4つの海の間奏曲(オペラ「ピーター・グライムズ」から) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/64132971

この記事へのトラックバック一覧です: リムスキー=コルサコフ 「雪娘」組曲:

« ニールセン 交響曲第5番(サロネン) | トップページ | ブリテン 4つの海の間奏曲(オペラ「ピーター・グライムズ」から) »