« チャイコフスキー 交響曲第6番「悲愴」(バーンスタイン&NYPの映像) | トップページ | グラズノフ ステンカ・ラージン »

N響演奏会(P・ヤルヴィ)

 ◆ パーヴォ・ヤルヴィ&NHK交響楽団

 20160917

 指揮:パーヴォ・ヤルヴィ

  ムソルグスキー作曲/交響詩「はげ山の一夜」(原典版)
  武満徹作曲/ア・ウェイ・ア・ローンII
  武満徹作曲/ハウ・スロー・ザ・ウィンド
  ムソルグスキー作曲(リムスキー=コルサコフ編)/歌劇「ホヴァンシチナ」~ 第4幕 第2場への間奏曲「ゴリツィン公の流刑」
  ムソルグスキー作曲(ラヴェル編)/組曲「展覧会の絵」

 東京芸術劇場にて

 前半は「はげ山の一夜」と武満作品が見事なコントラストを成し、互いの存在を引き立てていたように感じた。「はげ山…」も一般的なコルサコフ版だったら違和感を感じたと思う。

 後半も、通常のプログラムならば「展覧会の絵」だけで十分なのだけれども、その前にコルサコフ版の「ホヴァンシチナ」を置くことによって、(ラヴェルの音楽ではなく)『ロシア音楽』としての色合いを強く感じさせてくれる。

 「キエフの大門」の鐘は通常のチューブラ・ベルではなく、本物の(?)大きな鐘を使っていたこともロシア色を強めていたけれど、しかし、オーケストラの最強奏に負けることなく鳴り響く、この鐘の音のインパクトは強烈だった。

 N響はパーヴォの棒に見事に応え、トランペットなどのソリストも安定していて、「さすが」と思わせるような素晴らしい演奏を聴かせてくれました。

|

« チャイコフスキー 交響曲第6番「悲愴」(バーンスタイン&NYPの映像) | トップページ | グラズノフ ステンカ・ラージン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/64212880

この記事へのトラックバック一覧です: N響演奏会(P・ヤルヴィ):

« チャイコフスキー 交響曲第6番「悲愴」(バーンスタイン&NYPの映像) | トップページ | グラズノフ ステンカ・ラージン »