« グリンカ カマリンスカヤ | トップページ | グラズノフ 交響曲第1番(ヤルヴィ) »

都響B定期(インバル)

 ◆ 東京都交響楽団 第815回定期演奏会

 20160920

 指揮:エリアフ・インバル

  モーツァルト作曲/ヴァイオリン協奏曲第3番(独奏:オーギュスタン・デュメイ)
  ショスタコーヴィチ作曲/交響曲第8番

 サントリーホールにて。台風接近中の大雨の中を会場へ。

 ショスタコーヴィチは、少なくとも音響的には、この曲をナマで聴く醍醐味は十分味わえた。

 ただ、胃がキリキリするような緊張感は、もはや求められないだろうか。あるいは、私の方がこの曲を聴き慣れてしまったということなのか...。

 余韻を残したエンディングは印象的ではあるけれども、あくまで音楽的な話。第1楽章(フィナーレでも再現する)での打楽器のロールを伴ったクライマックスも意外に淡々としている。

 前半のモーツァルトは、華やかな雰囲気のソロに、オケの明るいサウンドがマッチしていてとてもよかった。

|

« グリンカ カマリンスカヤ | トップページ | グラズノフ 交響曲第1番(ヤルヴィ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/64230867

この記事へのトラックバック一覧です: 都響B定期(インバル):

« グリンカ カマリンスカヤ | トップページ | グラズノフ 交響曲第1番(ヤルヴィ) »