« ニールセン 「アラジン」組曲(ブロムシュテット) | トップページ | ヘンデル(ハーティ編曲) 水上の音楽 »

バッハ(レスピーギ編) プレリュードとフーガ ニ長調(シュワルツ)

music CD

 ■ J・S・バッハ作曲(レスピーギ編曲)/プレリュードとフーガ ニ長調

 Img114

 ▲ G・シュワルツ指揮/シアトル交響楽団

 1990年録音。オルガン作品(BWV532)のオーケストラ編曲版。

 レスピーギのバッハ編曲だと原曲の知名度によるのか、ハ短調の「パッサカリア」が有名だけれども、こちらもとても面白い。

 3管のオーケストラに4手のピアノが加わった編成。ピアノは独立して旋律を演奏したり、時にはサン・サーンスの「オルガン交響曲」のような雰囲気も出している。

 まずは前奏曲。華やかなトッカータ風音楽に続く後半部の "Alla breve" は何の違和感もなく、あたかもオリジナルのように響く。

 フーガは何の曇りもないニ長調。

 「♪ドレミレ・ドレミレ・ドレミレ・ド・・・」

 Fuga_2

 終結部の晴れやかで開放的なサウンドが気持ちいい。

 録音はこのシュワルツ盤しか知らないけれども、カップリングの「パッサカリア」共々、意外に落ち着いた雰囲気を持った演奏で、十分に楽しめる。

 バッハ作品のオーケストラ編曲版を集めたアルバムで収録曲は以下の通り。

  パッサカリアとフーガハ短調(BWV 582)
  3つのコラール・プレリュード
  幻想曲とフーガ ハ短調(BWV 537)
  ヴァイオリンソナタ ホ短調(BWV 1023)
  プレリュードとフーガ ニ長調(BWV 532)

 「幻想曲とフーガ」はエルガー編曲。それ以外はレスピーギ編曲。


 【ハリス編曲版】

 Img303

 ▲ E・オーマンディ指揮/フィラデルフィア管弦楽団

 1971年録音。フーガのみのオーケストラ編曲版。

 変に凝ることが無いストレートな編曲で、明るく華やかなオーケストラ・サウンドが楽しめます。

 オーマンディやハリスなどの編曲によるバッハ作品を集めたアルバム(国内盤)。

 冊子に掲載されている「なぜ指揮者になったか?-指揮者の仕事-」というオーマンディによる文章が滅法面白い。

|

« ニールセン 「アラジン」組曲(ブロムシュテット) | トップページ | ヘンデル(ハーティ編曲) 水上の音楽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/60495566

この記事へのトラックバック一覧です: バッハ(レスピーギ編) プレリュードとフーガ ニ長調(シュワルツ):

« ニールセン 「アラジン」組曲(ブロムシュテット) | トップページ | ヘンデル(ハーティ編曲) 水上の音楽 »