« バーンスタイン 管弦楽のためのディヴェルティメント | トップページ | ラヴェル 子供と魔法(グライドボーンの映像) »

東フィル サントリー定期(蝶々夫人)

 ◆ 東京フィルハーモニー交響楽団 第822回サントリー定期演奏会

 20160722

 指揮:チョン・ミョンフン

  プッチーニ作曲/歌劇「蝶々夫人」(演奏会形式)

 サントリーホールにて。

 歌手はオーケストラの前で歌う。男性陣はタキシード、蝶々夫人とスズキは着物(やや韓流ドラマ風味)。

 幕切れ以外は演出らしきものは無くて、歌手は最小限の動きのみ。

 チョン氏は全て暗譜(譜面台を置かずに)で指揮。オープニングの弦楽器によるフーガから見事にオーケストラを統率する。

 ドラマチックであるし音楽的に立派な演奏だと思うけれども、やっぱり舞台(物語)あってのこの音楽だとつくづく思った。

 要は、全く『泣けない』のはどうしたものか。いつ聴いても涙腺が緩んでくる第1幕の幕切れとか、蝶々さんとシャープレスの「手紙の二重唱」なども不思議なくらい何も感じなかった。

 純粋に音楽だけ聴くとこんなものなのか...。

|

« バーンスタイン 管弦楽のためのディヴェルティメント | トップページ | ラヴェル 子供と魔法(グライドボーンの映像) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/63952319

この記事へのトラックバック一覧です: 東フィル サントリー定期(蝶々夫人):

« バーンスタイン 管弦楽のためのディヴェルティメント | トップページ | ラヴェル 子供と魔法(グライドボーンの映像) »