« 童謡「たきび」の発祥地 | トップページ | ショスタコーヴィチ 交響曲第14番「死者の歌」(クルレンツィス) »

チャイコフスキー 交響曲第1番「冬の日の幻想」

music CD

 ■ チャイコフスキー作曲/交響曲第1番「冬の日の幻想」

 チャイコフスキーの交響曲では後半3曲(4~6番)がよく知られて演奏回数も多いけれども、前半3曲もそれぞれに魅力がある音楽。

 cd

 Haitink_t

 ▲ B・ハイティンク指揮/ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

 1979年録音。

 堂々とした立派な演奏で、オケも上手く、非ロシア系の演奏としては、まず申し分ない、

 曲そのものも、明快でシンプルな音楽とロシア情緒は、後半の3つの交響曲とは違った面白さがある。何よりメロディがいい(特に第2楽章)。

 交響曲全曲(「マンフレッド」付き)に、主要管弦楽曲が入ったセット。オススメです。


 Img254_2

 ▲ L・マゼール指揮/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

 1963、1964年録音。若かりしマゼールの快演。ただ、感傷的な気分は皆無。

 割り切ったドライな味わいであるけれども、まずはオーケストラのサウンドで聴かせてしまう(第2楽章のホルン!)。

 突っ走り気味になる第4楽章も、しっかりと手綱を引いてオーケストラををコントロールしていて、30代でここまでやってしまうところは、やっぱり只者ではない。

 第3楽章は慌てず忙しくならず、第4楽章コーダでは落ち着いた音楽運びで堂々とした演奏を聴かせてくれる。


 Tchaiko_1

 ▲ E・スヴェトラーノフ指揮/ソビエト国立交響楽団

 1990年5月21日、オーチャードホールでのライブ録音。

 最初の3楽章は意外に真っ当な演奏でとてもいい。それが第4楽章に入ると、一気に空気が濃厚になる。

 野太いトロンボーンに、重量感のある大太鼓とティンパニ。

 序奏のメロディが再現するコーダでは、打楽器もにぎやかに、若々しいエネルギーに溢れた青年チャイコフスキー。

 コーダではさらにスピードアップ。エンディングは指揮者お得意のポーズが目に浮かぶようだ。

 以下の注意書きがあります...「演奏中にきこえる連続音は、指揮者スヴェトラーノフ氏愛用の譜面台にとりつけた送風機によるものです」


 Fedo_t11

 ▲ V・フェドセーエフ指揮/モスクワ放送交響楽団

 1984年録音のメロディヤ盤。

 響きは厚く、リズムは重量級だけれども、とても流れの良い演奏。

 よく聴くと、金管などは結構バリバリ(ブリブリ)吹いているのだけれども、録音のせいか響きが丸められてしまっている。

 その分、聴き易くなってはいるけれども、このコンビならば、もっとアクの強いサウンドがほしい。


 Fedo_t12

 ▲ V・フェドセーエフ指揮/モスクワ放送交響楽団

 こちらは1998年録音のRELIEF盤。

 基本、旧録音(メロディヤ盤)と同様だけれども、旧録音盤の方がより『昔ながら』の音がする。


 Img266

 ▲ G・ロジェストヴェンスキー指揮/モスクワ放送交響楽団

 1972年録音。最大の聴きものは第2楽章後半に現れる朗々たるホルンの音。

 しかしながら、全体的に録音がぼやけた感じがして、また曲のせいもあるのか、このコンビとしては強烈なインパクトはない。

 フィナーレのコーダも金管楽器は強奏されているものの、ティンパニの音があまり聞こえてこないので、サウンド的な魅力は薄い。

|

« 童謡「たきび」の発祥地 | トップページ | ショスタコーヴィチ 交響曲第14番「死者の歌」(クルレンツィス) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/63548011

この記事へのトラックバック一覧です: チャイコフスキー 交響曲第1番「冬の日の幻想」:

« 童謡「たきび」の発祥地 | トップページ | ショスタコーヴィチ 交響曲第14番「死者の歌」(クルレンツィス) »