« サン=サーンス 交響曲第3番「オルガン付き」 | トップページ | シベリウス 交響詩「フィンランディア」 »

ドヴォルザーク 弦楽セレナーデ

music CD

 ■ A・ドヴォルザーク作曲/弦楽セレナード

 Img081

 ▲ R・クーベリック指揮/イギリス室内管弦楽団

 1969年録音。

 5楽章形式。各パートは何部かに分かれている部分があるので、あくまで「弦楽合奏」のための曲。

 「管楽セレナード」の民族色の強さとは対照的に、甘美で、暖かく幸福感に満ちた音楽。

 第1楽章。懐かしい第1主題が優しく提示される冒頭で、一気にこの曲に引き込まれてしまう。哀愁を帯びたワルツの第2楽章、第3楽章は舞曲風のスケルツォ。

 そして何と言っても、第4楽章ラルゲット。下降する旋律が美しい夜曲。活き活きとしたフィナーレでは過去のテーマを振り返る。

 ドヴォルザークの『メロディ』を楽しむのであれば、まずはこの曲ではなかろうか。

 クーベリック盤はバランスのとれた素晴らしい演奏で、何よりヴァイオリンを左右に分けた両翼配置がとても効果的だ。


 Img082

 ■ S・ヴェーグ指揮/カメラータ・アカデミカ・ザルツブルグ

 1986年のライブ録音。

 曲間のチューニングの音も入っている、コンサート・ホールの客席で聴いているような趣がある。

 そして、演奏も素晴らしい。

 単にアンサンブルを整えただけではない、想い(気持ち)をいっぱいに込めた音楽が展開され、全ての瞬間で音楽が生きている。


 Img083

 ■ プラハ室内管弦楽団

 1993年録音。指揮者無しでの演奏。

 まずは、暖かみのある響きがとてもいい。

 『お国もの』と言ってしまえばそれまでだけど、無理のない自然な音楽作りは、素直にこの音楽の中に入り込むことができる。

|

« サン=サーンス 交響曲第3番「オルガン付き」 | トップページ | シベリウス 交響詩「フィンランディア」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/63363442

この記事へのトラックバック一覧です: ドヴォルザーク 弦楽セレナーデ:

« サン=サーンス 交響曲第3番「オルガン付き」 | トップページ | シベリウス 交響詩「フィンランディア」 »