« ドビュッシー バレエ音楽「おもちゃ箱」 | トップページ | サンクトペテルブルグ・フィル(テミルカーノフ) »

シベリウス カレリア組曲

music CD

 ■ J・シベリウス作曲/カレリア組曲

 劇音楽による3曲から成る組曲。

  1.間奏曲
  2.バラード
  3.行進曲風に

 演奏頻度は少ないけれども、「カレリア」序曲もあります。

 cd

 Sibelius_e

 ▲ N・ヤルヴィ指揮/エーテボリ交響楽団

 1983年録音。イチ推し!

 冒頭、弦楽器のざわめき。遠くから聴こえてくるホルン。夜明けの光景のようにも思える。広々とした地平線が見えてくるようだ。

 打楽器が加わって行進曲風の楽想になり、このモチーフをトランペットが引き継ぐけれども、ここでも柔らかな音楽は変わらない。

 続く「バラード」が最高の聴き物。

 情感たっぷりの弦楽器による中間部から、後半のイングリッシュホルン。この楽章で、これ以上の演奏を聴いたことがない。

 終曲の「行進曲風に」も単純に元気のよい行進曲ではなく、軽やかであり、爽やかに流れる。

 親しみやすい音楽は、それなりに人気はあるようだけれども、決して高くは評価されていないようにも思う。

 しかし、この演奏は単に「明るく楽しくて親しみやすい曲」というイメージを変えてくれるものだ。

 DGへ再録音していますが趣が違います。是非こちらの旧録音盤を!


 Karellia_sar

 ▲ サラステ指揮/フィンランド放送交響楽団

 1987年録音。

 1曲目「間奏曲」の冒頭、スコアに指定された強弱が丁寧に付けられている。テンポを速めてトランペットが入ってくると、軽快で、停滞せずに前へ進む音楽。

 2曲目「バラード」も細やかな表情が付けられ、中間部の弦楽器の豊かな響きもいい。

 強力なインパクトのある演奏ではないけれども、自分の中の「カレリア組曲」のイメージにピッタリの演奏


 Davis_sbl

 ▲ C・デイヴィス指揮/ロンドン交響楽団

 1998年録音。

 穏やかで、暖かみのある音楽。金管の明るいサウンドなど、3曲目の「行進曲風に」がいい。

 ただ1曲目「間奏曲」は金管楽器がぼやけた感じがして今一つ。2曲目「バラード」ものどかに過ぎる。

|

« ドビュッシー バレエ音楽「おもちゃ箱」 | トップページ | サンクトペテルブルグ・フィル(テミルカーノフ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/63426589

この記事へのトラックバック一覧です: シベリウス カレリア組曲:

« ドビュッシー バレエ音楽「おもちゃ箱」 | トップページ | サンクトペテルブルグ・フィル(テミルカーノフ) »