« 伊福部昭音楽祭ライブ(実況録音盤) | トップページ | グレインジャー 戦士たち »

ショスタコーヴィチ ピアノ協奏曲第2番

music CD

 ■ D・ショスタコーヴィチ作曲/ピアノ協奏曲第2番

 Img231

 ▲ C・オルティス(ピアノ)/V・アシュケナージ指揮/ロイヤル・フィルハーモニック管弦楽団

 1989年録音。

 息子マクシムのために作曲された曲で、ショスタコーヴィチの作品としては珍しい屈託のなさ。特に第2楽章の甘美で詩的な音楽は『裏読み』の入る余地もなく、ストレートに美しい。

 第1楽章のピアノのカデンツァ(モーツァルト風)の前などは、いかにもショスタコーヴィチらしい雰囲気を感じる。

 この曲を最初に聴いたのが、このCDで、今でもとても気に入っている。特に第2楽章がいい。

 ちなみに、第1楽章がディズニー映画「ファンタジア2000」で使われていて、アンデルセンの童話「スズ(錫)の兵隊」によるエピソード。

 物語はオリジナルとは違って、いかにもディズニー風のハッピー・エンドに変えられているのだけれども、これが実に見事に映像(ストーリー展開)とシンクロしているのだ。

 発想として、曲が先なのか、ストーリーが先なのかは分からないけれども、本当によく出来ていて一見の価値あり。


 Dsch_pc_maxim

 ▲ E・リスト(ピアノ)/M・ショスタコーヴィチ指揮/モスクワ放送交響楽団

 1975年録音。この曲を献呈されて、初演時にピアノを弾いた息子マクシムの指揮による録音。

 第1、3楽章はピアノもオケも猛烈な勢いとテンションで突っ走る。まさに息をつく間もないような演奏。

 第2楽章はもっと繊細さが欲しい気もするけれども、両端楽章の魅力は絶大。


 Dsch_pc_fed

 ▲ P・グルダ(ピアノ)/V・フェドセーエフ指揮/モスクワ放送交響楽団

 1993年録音。

 厚みのあるオーケストラの充実したサウンド。

 終楽章、弦のユニゾンで動き回る16分音符などはショスタコそのもの。第2楽章の抒情もいい。

 カップリングはピアノ協奏曲第1番。

 P_gluda

 ソリストのパウル・グルダは1961年ウィーン生まれ。有名なフリードリヒ・グルダの長男だそうです(言われてみれば似ているような)。

 ただ、この写真で見る雰囲気は、今一つ風采が上がらない中学校の音楽の先生みたいで、もっといい写真無かったのかしら...。


 Img179

 ▲ A・メルンニコフ(ピアノ)/T・クルレンツィス指揮/マーラー・チェンバー・オーケストラ

 2010年録音。

 室内(少人数)オケによる演奏、メンバー表によると弦の編成は "8+6+4+3+2"。

 クッキリとクリアなサウンド。ピアノの表情は多彩でニュアンスが豊か。特に第2楽章は最高に美しい。


 Img174

 ▲ A・トラーゼ(ピアノ)/P・ヤルヴィ指揮/フランクフルト放送交響楽団

 2011年録音。

 第1楽章はやたらと威勢がよくて、さすがに粗っぽい感じがする。

 オーケストラの編成は決して大きくはないのだけれども(金管はホルンだけ)、ピアノに煽られたかのように、あたかもシリアスなシンフォニーの如く鳴り響く。

 第2楽章になると様相は一変、遅いテンポ、静けさの中に神経質な緊張感、繊細さが感じられる。

 第3楽章ではまた第1楽章の雰囲気が戻ってきて、この振幅の大きさを面白いととるか、やり過ぎと取るか...。

|

« 伊福部昭音楽祭ライブ(実況録音盤) | トップページ | グレインジャー 戦士たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/63469327

この記事へのトラックバック一覧です: ショスタコーヴィチ ピアノ協奏曲第2番:

« 伊福部昭音楽祭ライブ(実況録音盤) | トップページ | グレインジャー 戦士たち »