« 都響A定期(ロトのストラヴィンスキー) | トップページ | ザルツブルグ音楽祭2012 オープニング・コンサート(ゲルギエフ) »

グルダ チェロと管楽オーケストラのための協奏曲

music DVD

 ■ F・グルダ作曲/チェロと管楽オーケストラのための協奏曲

 Img235

 ▲ H・シフ(チェロ)/F・グルダ指揮/ミュヘン・フィルハーモニー管弦楽団

 1988年のライブ録画。

 曲名が「チェロと吹奏楽のための…」と書かれることもあるけれど、楽器編成は木管(1+2+2+1)、金管(2+2+1+1)、打楽器、ベース、ギター。基本的にオーケストラの管楽セクションで、サックスは入っていません。

 5楽章形式。第3楽章はチェロ独奏。

  1.序曲
  2.牧歌
  3.カデンツァ
  4.メヌエット
  5.行進曲風フィナーレ

 「序曲」はいきなりロック風の音楽で始まり、途中からは一転クラシカルなメロディがクラリネットで歌われる。

 その後、民俗舞曲風、中世風など様々なタイプの音楽が現れ、フィナーレは楽隊風の景気のよい行進曲。

 固いことは言いっこなし。気楽に楽しむ音楽。

 CD(↓)で音だけ聴くのもいいけれど、グルダのノリノリで自由な指揮姿やシフの熱演もあって、映像で観ると数倍楽しめる。

 
 Img236

 ▲ H・シフ(チェロ)/F・グルダ指揮/ウィーン・ブラスアンサンブル

 1981年録音。初演メンバーによる演奏。

|

« 都響A定期(ロトのストラヴィンスキー) | トップページ | ザルツブルグ音楽祭2012 オープニング・コンサート(ゲルギエフ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/63480305

この記事へのトラックバック一覧です: グルダ チェロと管楽オーケストラのための協奏曲:

« 都響A定期(ロトのストラヴィンスキー) | トップページ | ザルツブルグ音楽祭2012 オープニング・コンサート(ゲルギエフ) »