« グルダ チェロと管楽オーケストラのための協奏曲 | トップページ | チャイコフスキー バレエ音楽「眠りの森の美女」から »

ザルツブルグ音楽祭2012 オープニング・コンサート(ゲルギエフ)

music BD

 ■ ザルツブルグ音楽祭2012 オープニング・コンサート

 Img233

 2012年7月29日のライブ録画。

 指揮:V・ゲルギエフ

  ストラヴィンスキー作曲/詩編交響曲
  ムソルグスキー作曲(ラスカトフ編曲)/死の歌と踊り(テノール:セルゲイ・セミシュクール)
  プロコフィエフ先曲/交響曲第5番

 「死の歌と踊り」はロシアの作曲家、アレクサンドル・ラスカトフ(Alexander Raskatov)による編曲。

 映像で確認すると、編成は小さいけれども、多くの打楽器や特殊楽器を用いていて(チェンバロやアルト・フルートなどが見える)、かなりモダンなサウンドがする。

 一番の特徴は、ムソルグスキーの各曲の間にラカストフ自身の作曲による "Steady Time" と題された短い『間奏曲』(計3曲」)が挿入されていることだ。

 よく聴かれるショスタコーヴィチ版とは違って、ムソルグスキー作品をベースにした新たな創作とも言える。

 プロコフィエフはまさしく『異文化交流』。あちこちで違和感は感じるけれども(特にトランペット)、第3楽章の再現部からコーダはさすがに美しい響きがする。

|

« グルダ チェロと管楽オーケストラのための協奏曲 | トップページ | チャイコフスキー バレエ音楽「眠りの森の美女」から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/63469796

この記事へのトラックバック一覧です: ザルツブルグ音楽祭2012 オープニング・コンサート(ゲルギエフ):

« グルダ チェロと管楽オーケストラのための協奏曲 | トップページ | チャイコフスキー バレエ音楽「眠りの森の美女」から »