« ショスタコーヴィチ 交響曲第3番「メーデー」 | トップページ | 都響A定期(ロトのストラヴィンスキー) »

バーンスタイン 「ウエスト・サイド・ストーリー」から「シンフォニック・ダンス」(自作自演盤)

music CD

 ■ L・バーンスタイン作曲/「ウエスト・サイド・ストーリー」から「シンフォニック・ダンス」

 【決定盤】

 Img075

 ▲ L・バーンスタイン指揮/ニューヨーク・フィルハーモニック

 1961年録音のSONY盤(旧録音盤)。

 この曲は、とにかく大好きで、(バーンスタインの新盤も含めて)色々な録音を聴いたけれども、このバーンスタインの旧盤を超えるものは無い。ちなみに、次点はP・ヤルヴィ盤。

 ニューヨークを舞台にした若者の物語。ギラギラした熱さ、エネルギー、コンクリートや鉄の匂い。全ての音が「こうあるべし」という形で収まっているのだ。

 使っている版によるのか、「マンボ!」のシャウトや、「スケルツォ」のフィンガー・スナップ(指を鳴らす)は入っておらず、また「クール(フーガ)」の後半部(「ランブル」へ入る前)にカットがある。

 それであっても、これが最高なのは間違いない。

 特に素晴らしいのは打楽器セクション。これを聴いてしまうと、他の録音はなんとも生温く感じてしまう。


 【次点】

 Img212

 ▲ P・ヤルヴィ指揮/バーミンガム市交響楽団

 1997年録音。バーンスタイン作品を集めたアルバム。今や大活躍のパーヴォ、若かりし日の快演。


 【映像】

 Img207

 ▲ M・T・トーマス指揮/サンフランシスコ交響楽団

 2008年のライブ録画。

 ややこしいリズムや変拍子が連続する曲なのだけれども(時には崩壊することも...)、トーマスはそんな素振りは一切見せずに、涼しい顔で本当に楽しげに指揮している。

|

« ショスタコーヴィチ 交響曲第3番「メーデー」 | トップページ | 都響A定期(ロトのストラヴィンスキー) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/63343639

この記事へのトラックバック一覧です: バーンスタイン 「ウエスト・サイド・ストーリー」から「シンフォニック・ダンス」(自作自演盤):

« ショスタコーヴィチ 交響曲第3番「メーデー」 | トップページ | 都響A定期(ロトのストラヴィンスキー) »