« バーンスタイン 「ウエスト・サイド・ストーリー」セレクション | トップページ | プロコフィエフ ピーターと狼 »

ショスタコーヴィチ 交響曲第12番(ムラヴィンスキー初演盤)

music CD

 ■ D・ショスタコーヴィチ作曲/交響曲第12番「1917年」

 S1917

 ▲ E・ムラヴィンスキー指揮/レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団

 1961年10月1日、初演時のライブ録音(拍手付)。

 当然のことながら『記録』としても貴重だけれど、演奏の方もスゴイ!

 特に第1楽章はひたすら圧倒される。

 冒頭、一音一音踏みしめるような低弦から弦のトゥッティへ、この部分だけでも尋常ではない雰囲気を感じる。まさに、その時代の空気を吸って鳴り響いているようでもある。

 主部へ入ってからは、ひたすら前へ前へと突き進む。アンサンブルが乱れがちになるけれども、だからと言って手加減はせず、崩壊寸前で突っ走る、その様はスリリングだ。

 遠慮無く鳴らされ、打ち込まれる金管と打楽器。単に音がでかいということだけはなく、前進するエネルギーが半端ではない。しかし、このトランペットはバテるということを知らないのか...。

 カップリングはアルチュニアン作曲の「祝典序曲」という珍しい曲。1949年録音で音は良くない。

|

« バーンスタイン 「ウエスト・サイド・ストーリー」セレクション | トップページ | プロコフィエフ ピーターと狼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/63359893

この記事へのトラックバック一覧です: ショスタコーヴィチ 交響曲第12番(ムラヴィンスキー初演盤):

« バーンスタイン 「ウエスト・サイド・ストーリー」セレクション | トップページ | プロコフィエフ ピーターと狼 »