« ハチャトゥリアン~生涯と演奏(DVD) | トップページ | シューマン 謝肉祭(管弦楽版) »

ショスタコーヴィチ 映画音楽「ハムレット」

music CD&DVD

 ■ D・ショスタコーヴィチ作曲/映画音楽「ハムレット」作品116

 Img160

 ▲ D・ヤブロンスキー指揮/ロシア・フィルハーモニー管弦楽団

 2003年録音。

 1964年に公開されたコジンツェフ監督の映画のための音楽。

 「マニアも泣いて喜ぶ、出版譜による初の全曲盤!」だそうで、アトフミャンによる『組曲版』に、オリジナル・スコアからの15曲(全音版のスコアに収録されている曲)を加えたもの。

 曲としてのまとまりは組曲版の方が上だとは思うけれども、オリジナル・スコア版も中々面白い。

 オフィーリアを表す音楽ではチェンバロが用いられ、ファンファーレ以外にも管打楽器だけによるナンバーが何曲かあり、中でも金管と打楽器による「軍楽」は不協和音の強烈な響きがする。

 CDのイラストを見ると、何となく『B級映画』の雰囲気が漂ってしまうけど(映画の写真は使えなかったのか?)、音楽は3管大編成によるシンフォニックなもので、序曲の出だしもムチを加えた鋭いハーモニーにホルンと弦の荘重なテーマで始まり、また後期の作品らしい打楽器も活躍する。

 ちなみに、同じ作曲家による劇音楽「ハムレット」(作品32)は全くの別物なので要注意

 演奏は正攻法のまっとうなもので、スケール感は今一つではあるけれども、かえって映画音楽の雰囲気は出ているし、少なくともサウンド的には、妙に明るいシャイー盤よりはシックリくる。

 Img162

 収録曲は上の通り。"Suite, No.X" と記載されているのが『組曲版』の曲。

 Hamlet

 ▲ 全音から出版されているスコア


 【抜粋盤】

 Img193

 ▲ R・シャイー指揮/ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

 1998年録音。7曲の抜粋盤。選曲も演奏も中途半端な感じがする。


 【組曲版】

 アトフミャンによる8曲から成る組曲。この映画音楽のエッセンスは十分楽しめる。

 Img192

 ▲ L・グリン指揮/ベルリン放送交響楽団


 Img195

 ▲ T・クチャル指揮/ウクライナ国立交響楽団


 【映画DVD】

 Img161_2

 『ソビエトの<ハムレット>』として知られる映画。2時間半の長丁場。モノクロ、重厚なドラマ。

 父親の幽霊が登場する場面のインパクト、「オフェーリアの死」での静謐な音楽など、映像との相乗効果でショスタコーヴィチの音楽が見事に生きてくる。

|

« ハチャトゥリアン~生涯と演奏(DVD) | トップページ | シューマン 謝肉祭(管弦楽版) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/63248003

この記事へのトラックバック一覧です: ショスタコーヴィチ 映画音楽「ハムレット」:

« ハチャトゥリアン~生涯と演奏(DVD) | トップページ | シューマン 謝肉祭(管弦楽版) »