« バーンスタイン 交響組曲「波止場」(自作自演盤) | トップページ | ショスタコーヴィチ 交響曲第12番(ムラヴィンスキー初演盤) »

バーンスタイン 「ウエスト・サイド・ストーリー」セレクション

music CD

 ■ L・バーンスタイン作曲/「ウエスト・サイド・ストーリー」セレクション

 クリックで拡大します

 ▲ J・ウィリアムズ指揮/ボストン・ポップス・オーケストラ

 1985年録音

 デュソイト(W.J.Duthoit)編曲版で、以下のナンバーの『メドレー』。

  1.アイ・フィール・プリティ(I feel pretty)
  2.マリア(Maria)
  3.サムシング・カミング(Something's coming)
  4.トゥナイト(Tonight)
  5.ワン・ハンド、ワン・ハート(One hand, one heart)
  6.クール(Cool)
  7.アメリカ(America)

 これに導入とコーダ、各曲をつなぐ短い接続部が加わる。各曲はストーリー順でもないし、オリジナルの雰囲気を全て踏襲するわけでもない(例えば「トゥナイト」はラテンのリズム)。

 純粋に演奏会用作品としてなら「シンフォニック・ダンス」の方が聴き応えがあるけれども、有名なメロディが次々と現れる、こちらのセレクションも十分に楽しめる。ただ、最後の「アメリカ」は短くて、ちょっと物足りない。

 ちなみに「シンフォニック・ダンス」と共通しているナンバーは「クール」のみ。

 (オーケストラ版の)録音はこのボストン・ポップス盤以外は知らないけれど、曲が曲なので不満も無く楽しめる。ただ「マリア」のタンバリンは...?

 全く同じ構成の吹奏楽版もあって、「シンフォニック・ダンス」よりも演奏が簡単で、ニュー・サウンズの岩井直溥編曲版ほど柔らかくはなく、さらには一般受けもいいので、演奏される頻度も少なくない。

|

« バーンスタイン 交響組曲「波止場」(自作自演盤) | トップページ | ショスタコーヴィチ 交響曲第12番(ムラヴィンスキー初演盤) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/63350781

この記事へのトラックバック一覧です: バーンスタイン 「ウエスト・サイド・ストーリー」セレクション:

« バーンスタイン 交響組曲「波止場」(自作自演盤) | トップページ | ショスタコーヴィチ 交響曲第12番(ムラヴィンスキー初演盤) »