« 千鳥ケ淵 | トップページ | CD関連事件簿 »

ガーシュウィン パリのアメリカ人(スヴェトラーノフ)

music CD

 ■ G・ガーシュウィン作曲/パリのアメリカ人

 Gershwin_sv

 ▲ E・スヴェトラーノフ指揮/ソビエト国立交響楽団

 1980年1月16日のライブ録音(拍手付き)。

 音はあまり良くないけれど(モノラル?)、予想(期待)通り、と言うか、それを大きく超えた演奏。

 遅いテンポ、重いリズム。耳に突き刺さる金管、チューバはブリブリ。所々『ジャズ的』な雰囲気を出そうとしているようだけれども、それが妙に浮いている。

 中間部(ブルースの部分)は思いっ切りスロー・テンポ。

 常識的なテンポだと18分前後のこの曲を、何と24分かけている。

 最後は楽譜上にはフェルマータの指定が無いのに、これでもかとばかりに引き伸ばして、さらにクレッシェンドする、お得意のパターン。

 「ドヤッ!」という決めのポーズと、得意満面の表情が目に浮かんでくる。

 この、あまりに濃厚な音楽に病み付きになるか、鼻をつまんで逃げ出すか。

 少なくとも、体調のすぐれない時には聴きたくないし、体調万全でも相当にダメージは大きい。

 カップリングは「キューバ序曲」と、ベネット編曲版の「ポーギーとベス」(カット有)。おそらく同じコンサートでの録音。

|

« 千鳥ケ淵 | トップページ | CD関連事件簿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/63028891

この記事へのトラックバック一覧です: ガーシュウィン パリのアメリカ人(スヴェトラーノフ):

« 千鳥ケ淵 | トップページ | CD関連事件簿 »