« チャイコフスキー 1812年 | トップページ | 千鳥ケ淵 »

チャイコフスキー バレエ音楽「白鳥の湖」から

music CD&DVD

 ■ P・チャイコフスキー作曲/バレエ音楽「白鳥の湖」から

 組曲版、抜粋版(ハイライト)のCDとDVD。

cd

 Karajan_t3

 ▲ カラヤン指揮/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

 1965年録音。

 ウィーン・フィルによる音色の素晴らしさと、やり過ぎない品の良さ。ロシア的な土臭さを求めなければ、まず申し分ない。

 出版されている一般的な「組曲」は下記の6曲(これは作曲者自身によるものではない)。

  1.情景
  2.ワルツ
  3.4羽の白鳥の踊り
  4.パ・ダクシオン
  5.ハンガリーの踊り
  6.終曲

 「6」はバレエの大詰め、第28番「情景」と、アタッカで続けて演奏される第29番「終幕の情景」の途中までが採用されていて、静かに曲を閉じるような構成になっている。

 カラヤンはこの6曲目を、組曲版の「終曲」の後、つまりオーボエが「白鳥のテーマ」を奏するところから幕切れまでの音楽に差し替えている(一部カット有)。

 こちらの方がはるかにドラマチックではあるけれども、この組曲の締めくくりとしては劇的に過ぎるような気もする。

 「4」のソロは Josef Sivo(violin) と Emanuel Brabec(cello)。


 Rogner_t2

 ▲ H・レーグナー指揮/ベルリン放送管弦楽団

 1981、82年録音。

  1.序奏
  2.ワルツ
  3.バ・ド・ドゥ
  4.四羽の白鳥の踊り
  5.情景
  6.ハンガリーの踊り
  7.スペインの踊り
  8.ナポリの踊り
  9.マズルカ
  10.情景
  11.終曲

 元はLPで出ていて、収録時間は45分。バレエのハイライトというよりも、組曲の拡大版といった感じ。

 「3」は浅田真央のフリー・プログラム(フィギュア)に使われた曲。

 オーボエのソロで始まる序奏は有名な「情景(5)」と同じロ短調。こちらも素晴らしい旋律で、クライマックスでは打楽器のロールの上にトランペットが高らかに鳴り響く。

 音楽はやがて静まるけれども、この悲劇的な雰囲気を引きずったまま「ワルツ」が始まる。

 自在な表情が付けられた「ハンガリーの踊り」の前半部分はバレエ音楽の域を超えているし、「マズルカ」の中間部も大きくテンポを落として仕切りなおす。

 フィナーレのコーダではハープのアルペジオから、何かに追い立てられるようなエンディング。

 華やかさ、賑やかさとは縁の無い、暗い色調で覆われた、独特の音楽。


 Stoko_t

 ▲ L・ストコフスキー指揮/ニュー・フィルハーモニア管弦楽団

 1965年録音。国内盤。カップリングは「眠りの森の美女」抜粋と「ロメオとジュリエット」。

 「情景」から始まる一般的な組曲版とは異なり、バレエの曲順に並べられたされたハイライト版。

 濃厚な味付け。メロディを大きく歌い上げる、スケールの大きい大柄な音楽。色々言われるけれども、この音楽のツボはキッチリ押さえている。

 ただ、LP片面に収めるためか各曲のカットも多く、あれよあれよと言う間に先へ進んでしまう感じがする。

 もっと時間に余裕があれば、もっと違ったハイライトになったのだろうか。


 Fedo_t

 ▲ V・フェドセーエフ指揮/モスクワ放送交響楽団

 1990年録音。

  1.情景
  2.ワルツ
  3.4羽の白鳥の踊り
  4.情景(パ・ダクシオン)
  5.ハンガリーの踊り
  6.スペインの踊り
  7.ナポリの踊り
  8.マズルカ

 「5」までは組曲版の通りで、「終曲」を「6」以後の3曲に差し替え。個人的にはこの方がまとまりがいいと思う。

 「5」はトライアングルの代わりにタンバリンを使用。

 いわゆる『本場物』。やたらと、指揮者自身が前面に出る演奏も多い中、まずはチャイコフスキーの音楽を強く感じさせてくれる。

 有名な「情景」では、オーボエのメロディだけではなく、バックの弦楽器のトレモロに耳が行く。

 弦楽器を中心にしたサウンド。決して力任せにはならず、ロシア的なアクの強さも少ないので抵抗無く聴けると思う。


 Rostro_t

 ▲ M・ロストロポーヴィチ指揮/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

 1978年録音。組曲版。

 「終曲」はもちろん、「パ・ダクシオン」の追加されたコーダなど、『組曲』をそのまま(カットも無しに)演奏していて、そういう意味では貴重な録音。

 この版では、確かに「終曲」はちょっと物足りない感じもするけれど、最初の「情景」の情感は素晴らしいし、変なクセが無いので、同じベルリン・フィルを振ったカラヤン盤などよりは、よほど一般向けだと思う。

 「終曲」はそれなりには面白い曲だけれども、『組曲』ならばフェドセーエフのように、舞曲系を並べた方がまとまりがあるように思う。


 Mackrras_t_2

 ▲ C・マッケラス指揮/ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団

 1987年録音。カップリングは「眠りの森の美女」。

 収録曲は以下の通り。

  1.ワルツ
  2.情景
  3.白鳥たちの踊り(第13番から)
  4.パ・ド・ドゥ(第5番から)
  5.ハンガリーの踊り
  6.終景

 「6」は第28番の途中(Allegro vivace)から幕切れまで。

 まずは選曲がよくて、「組曲」に入っているナンバーをすべて含めてた上で、40分程度にまとめている。「ハイライト」として通して聴くにはちょうどいい。
  
 演奏は優雅で上品な雰囲気があり、特に「パ・ダクシオン」でのヴァイオリンのソロ(Barry Griffiths)は絶品。


 Karayan_t3

 ▲ H・V・カラヤン指揮/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

 1971年録音。VPO盤と同様、6曲目をバレエの終曲に差し替え。

 まずは「情景」のオーボエの音色から引き込まれる。けれど、「ハンガリーの踊り」の前半部などは、あまりに重々しく、オーバー・アクション。

 「終曲」も細かいことは置いておいて、パワーと、指揮者のキャラで一気に押し切る、あくまで『カラヤンの』音楽。


 Swan_or

 ▲ E・オーマンディ指揮/フィラデルフィア管弦楽団

 1972年録音。

 序奏ではなく、華やかな第1幕のオープニングで始めるところがオーマンディ。

 豊かに、豪快にオケを鳴らして、テンポも堂々と落ち着いている。

 オーケストレーションの変更や細かいカットはあるけれど、有名な「ワルツ」は途中を大胆に(?)バッサリとカット、原曲の半分くらいの長さになってしまっている。

 それさえ気にしなければ、選曲、演奏共に申し分なしのハイライト盤。オーマンディ、侮るなかれ。

 贅沢を言えば、第1幕の「乾杯の踊り」も聴きたかった。


 Tchaiko_sm

 ▲ Y・シモノフ指揮/ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団

 1993年録音。

 いわゆる「組曲版」の「終曲」以外をそのまま演奏(「ハンガリーの踊り」で終わる)。

 その「ハンガリーの踊り」最後のダイナミックの付け方などは、いかにも面白い。

 演奏については申し分なく、あえて言えば、これが全盛期のロシアのオケだったら...というくらい。

 「終曲」はともかく、舞曲系のナンバーをあと何曲か入れてくれれば、さらに嬉しかったです。

 カップリングは「くるみ割り人形」ハイライト。


 Swan_ansermet

 ▲ E・アンセルメ指揮/スイス・ロマンド管弦楽団

 1959年録音。昔は『全曲盤』となっていましたが、実質は抜粋盤。

 演奏は素晴らしいです。詳しくはこちらを


 Img216

 ▲ E・ボールト指揮/ロンドン新交響楽団

 1960年録音。ちょっと変わった選曲。

  1.情景
  2.ワルツ(第3幕)
  3.四羽の白鳥の踊り
  4.ワルツ(第1幕)
  5.パ・ド・ドゥ(第2幕)
  6.マズルカ
  7.情景(第3幕のオープニング)

 さらっと演奏するかと思いきや、最初の「情景」では有名なオーボエの旋律を大きく歌い込み、続くホルンも思いっきり強奏される。

 オケの音は今一つだけれども、柄の大きい、力強い音楽が聴ける。

 ただ有名な「ワルツ」に妙なカットがあったり、選曲も含めて愛好家向け。


 【映像】

 以下は映像ソフト。

 Fedo_t3

 ▲ V・フェドセーエフ指揮/モスクワ放送交響楽団

 1991年、フランクフルトでのライブ録画。

 選曲は下記の通り。バレエのストーリ順ではなく、あくまでコンサート用の組曲として並べられています。

  1.情景
  2.マズルカ
  3.白鳥の踊り
  4.小さな白鳥の踊り
  5.ワルツ
  6.パ・ダクシオン
  7.スペインの踊り
  8.終幕の情景

 昔出ていたLDでは「6」はカットされていました(収録時間の関係?)。

 「白鳥の湖」のハイライトとしては選曲、演奏共に申し分なし。私が一番よく聴く(観る)「白鳥…」はこれ。ただし、画質はあまりよくないです。

 リズムもサウンドも重量級。特に弦楽器は素晴らしく、「ワルツ」の冒頭のような最弱音から、どっしりと分厚い響きまで。

 フェドセーエフは、冒頭の「情景」から一気に音楽に没入する。

 お得意の「スペインの踊り」を観ることができるのも嬉しくて、このコンビのコンサートのアンコールではお馴染みの光景だけれども、この曲に全てを賭けているような打楽セクション。

 フィナーレは「白鳥のテーマ」のトゥッティの部分から始まり、コーダは何かに追い立てられるように、怒涛のエンディングとなり、会場からの「ブラヴォー」も納得できる。

 カップリングは「交響曲第3番『ポーランド』」と、プレトニョフがピアノを弾いた「協奏的幻想曲」。


 Sawa

 ▲ W・サヴァリッシュ指揮/イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団

 2001年のライブ録画。

 イスラエル・フィルを振っての「白鳥の湖」...何とも珍しい組み合わせ。

 一般的な組曲版をベースに、ファンファーレから始まる第3幕のワルツを追加、「ハンガリーの踊り」を「ナポリの踊り」に差し替え。

 問題は「終曲」で、かなり強引な(無茶な?)カットがある。

 演奏は悪くないにしても、選曲(カット)が中途半端だし、映像的にも肝心の指揮者があまり映されなかったり、また音も良くない。

 「貴重な(珍しい)映像だけれども・・・」といったところ。

|

« チャイコフスキー 1812年 | トップページ | 千鳥ケ淵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/62571649

この記事へのトラックバック一覧です: チャイコフスキー バレエ音楽「白鳥の湖」から:

« チャイコフスキー 1812年 | トップページ | 千鳥ケ淵 »