« 都響B定期(アラン・ギルバート) | トップページ | ボロディン ダッタン人の踊り »

ホルスト(ジェイコブ編) 「吹奏楽のための組曲」の管弦楽版

music CD

 ■ G・ホルスト作曲(G・ジェイコブ編)/吹奏楽のための組曲(管弦楽版)

 ホルストが作曲した2曲の「吹奏楽のための組曲」の管弦楽版を収録したCD。編曲はG・ジェイコブ。

 ちなみに「ムーアサイド組曲」の管弦楽版も入ってます。

 Img027_2

 ▲ N・ブレイスウェイト(Nicholas Braithwaute)指揮/ロンドン・フィルハーモニック管弦楽団

 1993年録音。

 ■ 組曲第1番 変ホ長調

 なにはともあれ、弦楽器のパワー(表現力)は強力だ。第1楽章もそうだけれど、第2楽章の中間部。こればっかりは管楽器では敵わない。

 ジェイコブの編曲は原曲のイメージを逸脱してはいないけれども、「シャコンヌ」の最後の和音に打楽器のロールを加えているところは大きな違和感がある。

 原曲を知っている人には中々楽しく聴けると思うけれど、あくまで『コピー』といった感じなので、知らない人には果たしてどうだろうか。

 演奏はロンドン・フィルなので悪くはないけれども、アンサンブルなど今ひとつ締まらないところもある。


 ■ 組曲第2番 ヘ長調(ハンプシャー組曲)

 第1楽章「行進曲」の前半部はとてもいい。速目のテンポも快適。オケの管打楽器メンバーには、吹奏楽版を演奏したことがある人もいるのではなかろうか。

 第2マーチはユーフォニウムではないので(ヴィオラなどで演奏)、そこが不満の人もいるかもしれないけれど、これはこれで英国風の気品のある行進曲に仕上がっている。

 ただ、中間部はちょっと居心地が悪い。原曲のクラリネットのメロディは音域の関係からか1オクターヴ上げてヴァイオリンで演奏され、色々と楽器の変化が付けられているけれども、なんだかとりとめない。

 これは第4楽章も同様。ごちゃごちゃして、「グリーン・スリーヴス」の効果も薄く、弦楽合奏版(セントポール組曲)の方がはるかにいい。エンディングのピッコロのソロはそのままだけれども、チューバは弦楽器(ベース)が担当。

 第2楽章ではさすがにヴァイオリンの力が大きい。第3楽章も良い雰囲気。個人的には anvil(かなとこ)を、もっと派手に思い切り叩いて欲しいところだけど、ちょっと控え目。


cd

 「第1組曲」終曲の「マーチ」のみ、ボールト指揮による録音があります。

 Boult_m

 ▲ E・ボールト指揮/ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団

 オリジナルのコピーではなく独自の世界を作っている。オーケストラは同じだけれども、「役者が違う」といった感じの見事な演奏。

|

« 都響B定期(アラン・ギルバート) | トップページ | ボロディン ダッタン人の踊り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/62805580

この記事へのトラックバック一覧です: ホルスト(ジェイコブ編) 「吹奏楽のための組曲」の管弦楽版:

« 都響B定期(アラン・ギルバート) | トップページ | ボロディン ダッタン人の踊り »