« 日フィル定期(コバケン) | トップページ | 都響B定期(アラン・ギルバート) »

ベルリオーズ 幻想交響曲(ノリントン&LCP)

music CD

 ■ H・ベルリオーズ作曲/幻想交響曲

 Img169

 ▲ R・ノリントン指揮/ロンドン・クラシカル・プレイヤーズ

 1988年録音。ノリントンの旧録音盤(EMI)。

 初演当時の「楽器や演奏法(instruments and playing style)」による演奏。ノリントン自身による「演奏ノート」にある、"First of all, we try to play the score." という言葉が全てであるように思う。

 第2楽章のコルネットは無し。第1、4楽章のリピートは行なっている。

 現在では通常チューバで代用されるオフィクレイドをオリジナル通りに使用していて、その音の違いというのはハッキリと聴き取れる。

 前半3つの楽章は軽やかなサウンドと肌触り(木管と弦)、流れの良い音楽。

 第3楽章のオーボエとイングリッシュ・ホルンはぶっきら棒な感じだけれども、実際に羊飼いが吹く笛の音をイメージさせ、いかにも『描写的』。

 第4楽章のテンポは落ち着いて感じるけれども、ベルリオーズの指定は「アレグレット・ノン・トロッポ(Allegretto non troppo)」なのだ(決して「アレグロ・モルト(Allegro molto)」ではない)。

 さらには指定されたリピートを行っているので、演奏時間は約7分半。それにより、この交響曲の中での1楽章としての存在感が出てくる。

 終楽章も現代の高性能オケによるパワー全開の演奏に比べると随分と大人しい感じもするけれど、これが当時響いていた音なのだろうか。

 しかし、それによって後半2楽章が突出することもなく、さらには「5楽章の交響曲」という古典的な面が前面に出てくる、とても面白い演奏だと思う。

|

« 日フィル定期(コバケン) | トップページ | 都響B定期(アラン・ギルバート) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/62870455

この記事へのトラックバック一覧です: ベルリオーズ 幻想交響曲(ノリントン&LCP):

« 日フィル定期(コバケン) | トップページ | 都響B定期(アラン・ギルバート) »