« ベルリオーズ 幻想交響曲(ガーディナーの映像) | トップページ | ムーティ&シカゴ響 »

ドヴォルザーク 交響曲第6番

music CD

 ■ A・ドヴォルザーク作曲/交響曲第6番

 ドヴォルザークの交響曲では最後の2曲(第8.9番)が、演奏頻度にしても録音の数にしても圧倒的に多いのだけれども、個人的にはこの第6番は大好きな曲。

 第3楽章の「フリアント」は、完全に「スラヴ舞曲」の世界で、トリオのピコッロのソロもいい。第2楽章は地味ではあるけれど、どことなく懐かしさが漂う。

 両端楽章はブラームス(第2交響曲)の影響を感じるけれども、ローカルな(田舎臭い)雰囲気はドヴォルザークならではだし、テンポアップした終楽章のコーダの晴れやかな気分、畳み掛ける音楽も素晴らしい。

cd

 Img133

 ▲ R・クーベリック指揮/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

 1972年録音。交響曲全集から。

 力強く安定感のあるオケをベースに、伸びやかでスケール感のある、そして共感に満ちた素晴らしい演奏。

 弦は対向配置で、右側から聴こえてくる2番ヴァイオリンの存在感が大きく、これでこそ、この配置が生きると思う。

 ファースト・チョイスとしても文句無しにオススメできる録音。

 ちなみに、この全集。6枚組なのだけれども、そこへ9曲を収めようとしているために、第5番と第4番が2枚のCDに泣き別れになってしまっている。

 マーラーやブルックナーと違って、どの曲も1枚に収録できる長さなのだから、枚数を増やしても1枚内に1曲を収めてほしかったです。ちなみに、ケルテスの全集も同様で何曲かが泣き別れ。


 Img134

 ▲ R・クーベリック指揮/バイエルン放送交響楽団

 1981年ライブ録音(拍手付き)。ベルリン・フィルとのセッション録音の20年後のライブ録音。

 オケのパワーでは敵わないけれど、素朴で暖かみのある、よりリラックスした雰囲気を持った演奏。フルートはアドリアン?

 カップリングはヤナーチェクの「シンフォニエッタ」。


 Img101

 ▲ C・V・ドホナーニ指揮/クリーヴランド管弦楽団

 1989年録音。洗練された味わいがあり、何よりオーケストラのサウンド(肌触り)がとてもいい。鳴りも十分。

 カップリングはヤナーチェク作曲の「タラス・ブーリバ」。


 Img130

 ▲T・ダウスゴ―指揮/スウェーデン室内管弦楽団

 2006年録音。『室内』管弦楽団による演奏。弦は対向配置。

 スッキリと透明感のある弦楽器。瑞々しい木管のサウンド。雰囲気に流されず、スコアがストレートに音になってくる。

 テンポ感の良さが心地よく、特に中間2楽章がいい。この曲のまた違った面を見せてくれる演奏。


 Img139

 ▲ N・ヤルヴィ指揮/スコティッシュ・ナショナル管弦楽団

 1986年録音。交響曲全集から。

 速めのテンポで、緩むことなく音楽を前へ持って行く。

 深く考え込まない。気の向くまま、感じるままの自然体。オケもよく鳴った、爽快な演奏。

 交響曲以外の作品(序曲など)は入っていないけれども、ケルテス盤やクーベリック盤と違い、全ての交響曲について、1曲が同じディスク内に収録されている、良心的な全集。


 Img155

 ▲ C・ミュン=フン指揮/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

 1999年録音。リラックスした暖かみのあるオーケストラのサウンドがとてもいい。

 民族的な雰囲気や若々しい活力よりも、スマートに洗練された印象がある演奏。

 流れるような音楽ではあるけれど、時々そっけなく感じたり、上滑りしているように感じたり、もっと『溜め』がほしくも感じる。

 カップリングは「交響曲第8番」。


 Img159

 ▲ A・デイヴィス指揮/フィルハーモニア管弦楽団

 1979年録音。交響曲全集から。

 これはイイです。明るく暖かみのあるオケのサウンド。自然で瑞々しい音楽。迫力や歌にも不足は無し。

 9曲の交響曲の他に、スラヴ舞曲集(作品46)、「謝肉祭」序曲、「スケルツォ・カプリチオーソ」、ケンペ指揮の弦楽セレナーデ、そしてフルートの神様、M・モイーズ(!)指揮の管楽セレナーデ。

|

« ベルリオーズ 幻想交響曲(ガーディナーの映像) | トップページ | ムーティ&シカゴ響 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/62564539

この記事へのトラックバック一覧です: ドヴォルザーク 交響曲第6番:

« ベルリオーズ 幻想交響曲(ガーディナーの映像) | トップページ | ムーティ&シカゴ響 »