« ムーティ&シカゴ響 | トップページ | ベルリオーズ 幻想交響曲(ノリントン&LCP) »

日フィル定期(コバケン)

 ◆ 日本フィルハーモニー交響楽団 第677回定期演奏会

 20160122

 指揮:小林研一郎

  リムスキー=コルサコフ作曲/交響組曲「シェエラザード」
  ストラヴィンスキー作曲/バレエ音楽「春の祭典」

 サントリーホールにて。

 「コバケンさん、こんな曲も振るんだ(いつもブラームスとかチャイコフスキー振ってるイメージだったけど)...」ということで聴きに行ったコンサート。
 
 前半の「シェエラザード」は驚くほど力が抜けた淡々とした演奏。もっと濃厚なものを期待していたので肩透かしを食らった感じ。後半に備えてセーブしているわけではないだろうけれども...。

 ソロも含めて管楽器が今一つ心もとない。冒頭、『王のテーマ』に続く木管のハーモニーも各自が思い思いに吹いているようで全くまとまりがない。

 休憩後の「春の祭典」でも管は相変わらず不安定。特に小クラリネットは絶不調。

 それはともかく、最後のスピーチ(?)で言っていたように、頭では理解できない『奇々怪々』な音楽。昨今の音符がきれいに整理された演奏とは無縁。良くも悪くも混沌としたカオスのエネルギー。

|

« ムーティ&シカゴ響 | トップページ | ベルリオーズ 幻想交響曲(ノリントン&LCP) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25223/63100007

この記事へのトラックバック一覧です: 日フィル定期(コバケン):

« ムーティ&シカゴ響 | トップページ | ベルリオーズ 幻想交響曲(ノリントン&LCP) »